ESTAの申請番号がわからなくなった時は、慌てずESTAホームページで確認しよう

広告

昨年に引き続きハワイへ行きます。

アメリカ合衆国へ入国する際は、観光や商用ビザを取る代わりの渡航認証(ESTA)をとらないといけません。

とり方は結構ややこしく苦労しました。

初めてのハワイ旅行(2) 準備編 パスポートは簡単に取れるけど、入国のための渡航認証ESTAを取るのが大変だった

ESTAは、2年間有効なので今年は取る必要がありません。

昨年、入国審査の際、パスポートだけ見せて、ESTAの申請証明の画面を印刷した紙は特に見せる機会はありませんでした。

そのため、旅行後、その紙を捨ててしまったようです。

見当たらず、慌てました。

ESTAホームページから確認

ESTAのホームページから調べてみました。

ESTA申請状況の確認

私は申請番号がわかりません。

申請者情報として、パスポート番号と生年月日を入力します。

私は申請者番号がわかりませんから、国籍のある国「日本」を選択し、パスポート発行年月日とパスポート有効期限を選択します。

ステータスを確認する

「ステータスを確認する」をポチっと押すとすぐ申請状況が出てきました。

氏名・生年月日・申請番号・パスポート番号が記載されており、申請状況のところには「認証が承認されました」とあります。

そして有効期限も書かれています。

私は2021年1月10日まででした。申請した日から2年間です。

これをスクリーンショットで撮って保存しました。

紙で持っていなくても良いのです。

さいごに

ESTAのホームページを開くといきなり全面が英語でビビりますが、慌てずに「日本語」に切り替えてしっかり読めばいいと改めて思いました。

2回目のハワイ旅行まであと1週間、とっても楽しみです。

2回目のハワイ旅行 計画編 まずは日程の確認から 4泊6日 ハワイ島とオアフ島

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!