2回目のハワイ旅行 計画編 ハワイ島のホテル ヒルトン ワイコロア ビレッジはとにかく広い

広告

2020年2月20日から26日まで4泊6日で2回目のハワイ旅行に行きます。

初めての去年は、何もわからず行ってしまいましたが、今回はしっかり調べて行きたいと思います。

昨日は、日程の確認をしました。

2回目のハワイ旅行 計画編 まずは日程の確認から 4泊6日 ハワイ島とオアフ島

今日は、1日目、2日目に連泊するハワイ島のホテル、ヒルトン ワイコロア ビレッジについて調べたことをまとめます。

ヒルトン ワイコロア ビレッジ 基本情報

ヒルトン ワイコロア ビレッジ

69-425 Waikoloa Beach Drive, Waikoloa, Hawaii, 96738, USA
 TEL:+1-808-886-1234

ヒルトン ワイコロア ビレッジは、とにかく広い

ワイキキに「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」があり、そこへ行った人が敷地が広いなぁと唸る人が多いけど、ハワイ島の「ヒルトン ワイコロア ビレッジ」は声が出ないくらい、もっともっと広いようです。

ヒルトン ワイコロア ビレッジには、どんな施設がある?

エントランスから客室のあるタワー(構造物)が見えず、いきなり滝が流れている池のようなものが現れます。

タワーは、「ラグーンタワー」「パレスタワー」「オーシャンタワー」の3つあり、離れています。私たちは、「オーシャンタワー」に宿泊します。

「ラグーンタワー」の目の前にラグーンがあり、そこでイルカが泳いでいます。イルカと遊べる体験プログラムもありますが、それは予約していません。

ヒルトン ワイコロア ビレッジの移動は、どうする?

3つのタワーは離れているので、移動のために乗り物が用意されています。

「トラム」という電動モノレールがあります。

運河ボートもあります。

歩いて移動することもできます。3つのタワーを結ぶ通路には、いろんな美術品・陶芸品が置かれていて、見学するのも楽しそうです。

ヒルトン ワイコロア ビレッジでは、どこで何を食べる?

1日目の夕食は、カムエラ・プロビジョン・カンパニーというレストランで、夕日を見ながらディナーを楽しみます。

サンセットタイムには、水平線に沈むオレンジ色の太陽を眺めることができるそうです。

値段も高く100ドルを超えそうですが、素敵なホテルに宿泊する記念にぜひ行きたい。

2日目は、1日中観光で夜はマウナケア山頂星空観測ツアーで、ホテルでの夕食は1回だけなので豪華に。

2日目の朝食をホテル内のどこで何を食べるかは、1日目のホテル探検の中で探したいです。

ヒルトン ワイコロア ビレッジで気をつけることは?

せっかくなので、トラムも運河ボートも乗ってみたいし、歩いて通路の美術品見学もしたいです。

移動しているだけで時間がかかりそうです。

1日目、睡眠不足と時差ボケの中、動き回っていると疲れるので、無駄なく移動したいです。

サンセットタイムまでに余裕を持って、レストラン「カムエラ・プロビジョン・カンパニー」へ到着できるように。

さいごに

ヒルトン ワイコロア ビレッジについて、『へなしゅんが贈る ハワイ島案内』を読んで調べました。へなしゅんさんは、ハワイ在住19年人気サイト「ハワイスクープ」編集長さんです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!