マウナケア山頂星空観測ツァー 2020年2月21日 夕陽・サンセット・満天の星空

広告

マウナケア山頂4200m、ついに到達しました。

昨年はお天気が悪く、山頂付近はアイスバーンになっていて危険ということで3800mまでしか上がれませんでした。

しかも、私は途中で体調が悪くなり、高山病なのか車酔いなのかわかりませんが、気持ち悪くなってしまいました。

星空も雲の切れ間に数分ずつ何回か見ることができましたが、今年のツァーに比べたら、全然見えなかったと言えるレベルでした。

それほど今回は自分の体調も良かったし、夕陽も感動的なサンセットも満天の星空も最高でした。

星空を一生懸命、iPhoneで写真や動画を撮ろうとしましたが、肉眼で見る方がうんと素晴らしく、伝えきれないもどかしさがあります。

でも、ツァー料金に含まれる、ガイドさんの写真をダウンロードできたので、それをみていただこうと思います。

昨年と同じマサシ ネイチャースクールのマウナケア山頂星空観測ツァーでしたが、今回は条件が良かったのに加え、ガイドのマサさんのカメラ技術が素晴らしくて、感動のシーンを撮っていただけたのが本当に嬉しかったです。

高度に体を慣らしながら山頂へ

朝からずっと案内してくれたアロハコナツアーズのガイド大ちゃんと名残惜しいお別れをして、15:30からマサシネイチャースクールのマサさんが私たちのガイドをしてくれます。

普通は各ホテルを順番に回って乗せていくのですが、私たちは、マウナケアパークでの待ち合わせでした。

途中舗装されていないオフロードも走るので、4輪駆動に切り替えられる車で出発。

途中、オニヅカビジターセンター(標高2,804m)にて夕食。

ここで1時間過ごして高度に体を慣らします。

苦手な揚げ物を残しました。そして、ここで酔い止め薬を飲みました。

上がって行く途中、結構揺れるところがあります。

入れていただいたココアがとっても美味しかったです。

雲の上は晴天です。

山頂の天文台

日本の天文台「スバル」の前でガイドのMasaさんに写真撮ってもらいました。

お天気が悪かった昨年と違い、今年ははっきりくっきり。

山頂は雪が残っています。

夕陽とサンセット

夕陽を背に

夕陽を手に

夕陽を見て

サンセット

満天の星空

3800mあたりの駐車場で空を見上げます。

私のiPhoneではここまでが精一杯。

とにかく頭上を半円描くように満天の星空でした。

ガイドのMasaさんに撮っていただいた写真はすごいですよ。

本当にこんなにいっぱいの星が見えるのです。

ここは宇宙に近い場所なのです。

さいごに

こんなに貴重な写真を撮ってもらえて、本当にありがたいです。

2020年3月から、また山頂の天文台建設反対のバリケードが作られるため、山頂までは上がれなくなると聞いています。

巨大な天文台建設が、ハワイの自然環境を破壊することに繋がる場合、反対運動はとても理解できます。

私たちが山頂まで行けたのは、工事の延期が宣言され、2019年7月15日から続いていた通行止めが12月20日に解除されたからです。

それでマサシの山頂星空観測ツァーも12月26日から催行が決定して、私たちは急遽、山頂まで行けることになったのでした。

2020年2月2回目のハワイ島 マウナケア山頂星空観測ツアーに行けることになりました

自分がとても健康な状態で4200mのマウナケア山頂まで上がり、夕陽・サンセット・満天の星空を見ることができたことをとても嬉しく思っています。

全ての条件が整わないと実現しないことです。

興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

絶対、一生忘れられない思い出になりますよ。

マサシネイチャースクールの「マウナケア山頂 夕陽と星ツァー」は、大人(16才以上)180ドル(2020年4月から200ドルに値上がり)です。

運転・ガイドしてくれる方が撮ってくれた写真は、ツァー料金に含まれていて、無料でダウンロードできます。

1年越しの夢が達成できて、大満足です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!