朝早い新幹線に乗り遅れないためのマイルール3ヶ条【時間の管理】#100blogs(80/100)

広告

金沢駅で1回、東京駅で、朝早い新幹線に乗り遅れたことがあります。

せっかく55歳からの『おとなび』を使って1割引なのに、その新幹線特急券代¥6280がムダになりました。

超悲しかったです(´;ω;`)

そんなもったいないことにならないために心がけているマイルール3ヶ条を紹介します。

もしも、いつも出掛けにバタバタして、ちょっと遅刻するタイプの人がいたら参考にしてください。

新幹線に乗り遅れないためのマイルール

①荷物は全て前日にカバンに入れてしまう。

メガネ、コンタクト、化粧品など当日朝まで使うものも含めて、全て一度全部入れます。

旅行中のようにカバンから出して使い、また戻します。

最悪、寝坊したとき、そのまま持っていけばなんとかなる状態にまでしておけば万全です。

②駐車場は、定位置に車をとめる。

以前、乗り遅れたときは、駐車場が空いていなくて、ずっと空いている探して焦りました。

あのときの心臓バクバクは、寿命が縮みました。

それ以来、絶対空いているであろう、上の階まで一気に上がってエレベーターに近いところにとめることにしています。

③例え時間があっても余計なことをしない。

時間の余裕が心の余裕です。

前日は早めに寝るのはもちろん、朝も必要最低限のことしかしません。

今朝もゴミだしを母にお願いして出てきました。昨夜、大きなゴミ袋にまとめておいたので大丈夫なはず。

お願いします。ありがとう。と言って家を出ました。

まとめ

絶対、遅刻できないときは、準備を万全に・流れを決めて・油断大敵です(^^ゞ

さぁ、東京ドームへ向けて、行ってきまーす(*^^*)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!