東京ステーションホテルの部屋の中は、まるでヨーロッパ 宿泊体験記(3)

広告

15:00待ちに待ったチェックイン

東京ステーションホテルに、ついに入ります。ワクワクドキドキ嬉しくてたまらないさわこでした。

事前にクレジットで支払いを済ませてあるので、スムーズにチェックイン

ながーい廊下

左側が部屋のカードキーで右側はチェックインまで預けてあった荷物の荷物札です。

荷物は、すでに部屋に運ばれていて、私たちは長い長い廊下を通って部屋まで案内されて行きました。

 

長い長い廊下を歩いている途中、下を覗き込むと「丸の内中央口」が見えるところがありました。

2033号室は、松本清張がよく泊まった部屋

1950年代、作家の松本清張がホテルを気に入り、たびたび209号室(現在の2033号室)に宿泊したそうです。当時の客室からは、現在は見えない駅のホームを見渡すことができたのだそうです。

そして、代表作「点と線」のなかで、東京駅の13番線ホームから15番線ホームを見渡せる時間帯”空白の4分間”がトリックに使用されているのです。

このミステリーを読んだことがある人なら、みんなこの部屋の前を通っただけで、ワクワクしますよね。思わず写真を撮ってしまいました。(私の部屋は2007号室ですけど)

部屋に着いた!

ドアを開けたら

奥から見たら

もう一度、出入り口ドアの方へ戻ります。右側に豪華な洗面所があります。ここを中心に、右手にお風呂、左手にトイレ

ちょっとベッドの方へ戻り、洗面所とベッドまでの間の扉をあけてみると

鏡張りになっているので、自分まで写ってしまいます。もう一度ベッドの横を通り、窓側へ行くと素敵な空間。

お部屋の中で嬉しすぎて、写真撮りまくりました。

そこにあるもの一つ一つが豪華で、ヨーロッパのホテルにいるようです。(実際にヨーロッパのそんな立派なホテルに泊まったことないので妄想です)

ひと通りはしゃいだあと、カーテンを開けてみると、外にはよく見る風景が。

あらー、さっきまでいたところです。歩いている人たちがちっちゃく見えますねぇ。

なんて気分を味わえて、最高に楽しかったです。

ベッドも高級で寝心地最高

ちなみにベッドの硬さにうるさい私ですが、すごく熟睡できたので、とても質の良いベッドだったと思います。ベッドの広さ・部屋の空間の広さ、全て言うことなしです。

部屋の隅々まで美しいし、とにかく気持ちがゆったりします。

窓を開けていても外の世界とは異空間であると感じられるのは、この建物の持つ風格なのかなぁと感じました。

ホテル宿泊者専用の出入り口

実は、ホテルには宿泊者専用の出入り口があるのです。

カードキーを持っていると写真の右下のドアから直接、専用エレベーターで部屋へ行くことができます。

私たちが泊まったのは、この入り口のすぐ上のちょっと左、2階の窓を開けてあるお部屋です。

今、写真を見ても、なんだか感動します。

次は、宿泊者しか行けない4階のアトリウムでの「すごい朝食」についての報告をします。

これまでの記事はこちらから

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!