東京ステーションホテルは、東京駅の中にあるクラシックホテル 宿泊体験記(1)

広告

2018年9月14日〜15日、友達と二人で、東京ステーションホテルに宿泊しました。

ダブルかツインの部屋しかなく、一人で宿泊するには、あまりに高かったので、友達に付き合ってもらい、2人でツインの部屋に泊まりました。

14日の夜、南青山のマンダラで大塚あやこさんプロデュースR-Spiritというライブに行くためです。(友達は、私がライブに行っている間、別行動)

私は月1回くらい東京へ行きます。セミナー受講の時はほぼ日帰りで、懇親会も参加する時は会場近くのビジネスホテルに宿泊します。

夜遅くに泊まるホテルは、清潔で睡眠のための環境が整っていれば十分。

ただ、この日は、夜まで時間がたっぷりあります。ライブへ行くのがメインなので日中出歩かずホテルでゆっくりしたかったのです。

となると、そこにいて幸せな気分になるようなホテルがいいです。

それで、一度は泊まってみたいと思っていた、みんなが憧れる「東京ステーションホテル」に決めたのでした。

ただ、その時点で、私は、「東京ステーションホテル」が何者なのかよく理解できておらず、東京駅を眺め、一体どこに「東京ステーションホテル」があるんだろうとぼんやり考えていました。

東京ステーションホテルは、東京駅の中にある

東京ステーションホテルは、東京駅の外にあるのでなく、東京駅そのものだったのです。

みんな知ってることなのでしょうか?

私だけが知らなかったのでしょうか?

とにかく、あの立派な東京駅そのものがホテルなのです。

東京ステーションホテルは、全国で9つあるクラシックホテルの会加盟の1つ

第二次世界大戦以前に建てられ、その建物を維持(改修、復原を含む)、文化財や産業遺産などの認定を受けているなどの条件を満たした「クラシックホテル」9ホテルとは、

日光金谷ホテル
富士屋ホテル
万平ホテル
奈良ホテル
東京ステーションホテル
ホテルニューグランド
蒲郡クラシックホテル
雲仙観光ホテル
川奈ホテル

以上の9ホテルです。

東京ステーションホテルは、日本クラシックホテルの会加盟の9ホテルのうちの1つなのです。

ちなみに、以前、大和ハウスのオーナー会旅行で「日光金谷ホテル」で食事したことがありますが、それはそれは立派なホテルでした。

東京ステーションホテルは、地下2階地上4階建ての構造

東京ステーションホテルは、地下2階地上4階の構造です。

この南ドームの1階が東京駅丸の内南口、中央の三角屋根アトリウムの下あたりに東京駅丸の内中央口、北ドームの1階が東京駅丸の内北口になっています。毎日とんでもなくたくさんの人が利用していて、誰もが知っているところですよね。

丸の内南口と丸の内中央口のちょうど間くらいに、東京ステーションホテルの入口がありますが、意外と目立たないと思います。

ホテルのフロント&ロビー

一歩ホテルに足を踏み入れると、そこは、外の慌ただしさと全く無縁の世界でした。

玄関ロビーも外からは想像がつかない世界でした。

少し前までガラスの向こう側にいて、観光客として東京駅に向かって写真を撮っていたと思うと、なんだこの静けさは・・・と驚きを隠せません。

高級感あふれる世界にいきなり入り込んで、幸せな時間が始まる予感がひしひしと感じられました。

時計を見ると、まだ11:00、チェックインの15:00までまだ随分時間があります。

荷物を預けて、チェックイン前でも入れるところから、東京ステーションホテル探検が始まります。

つづく

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!