三谷幸喜 作・演出『酒と涙とジキルとハイド』が面白かったー☆【全国オーナー女子会】

広告

三谷幸喜 作・演出『酒と涙とジキルとハイド』を観ました~(^O^)

ずーっと笑ってました!

片岡愛之助さん演じるジキル博士

ジキル博士が、発明した薬を飲んだら、ハイドに変身します。ハイド役は、藤井隆さん。

一番面白かったのは、優香さん演じるイブが、薬を飲んで変身すると信じ込んでハイドの女版ハイジになるところ。

おしとやかなお嬢様が、いきなり本来の願望である本能のまま生きる女に変身します。でも、それは、薬の力でなく、単なる思い込みだったんですよね。

それを知って、本来の自分をさらけ出してしまったお嬢様が、恥ずかしがる姿が本当にかわいいのです。

その優香さんのハイジに振り回されるジキルとハイドの姿が、またおかしくておかしくて!

後半は、ずーっと笑いっぱなしでした。

とっても楽しい喜劇でした。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!