布団の向きを変えたら早起きしやすくなりました。

広告

早起きが苦手で、いつも二度寝しているさわこです。

目が覚めてもなかなか布団から出られません。

早起きできない理由

早起きできない理由は、簡単です。

夜、寝るのが遅いからです。

夜、寝るのが遅い理由

夜、寝るのが遅い理由は、いろいろあります。

夜が一番、集中できて、やりたいことをずっと続けることができます。

私は、スタートするのに時間がかかるけど、動き出すとだんだん加速していくタイプなのです。

集中力があり、最後までやらないと気がすまない。

そんなわけで、好きなことをエンドレスに続けられる夜が大好きなのです。

だから、ついつい夜更かししてしまいます。

夜更かしするとダメな理由

夜更かしするとダメですね。

朝寝坊の私ですが、それでも一応、それなりの時刻には起きるため、睡眠不足になります。

朝起きるのが遅いと、すべてのことが遅れがちになります。いつも慌てているので、焦ってミスが多く、落ち込みます。

だから、早起きしたいのです。

布団を敷く位置と向きを変えてみたら

今、畳の部屋で毎晩、布団を敷いて寝ています。

布団を敷く向きを変えてみたら、なんと、朝の光が眩しくて、二度寝しづらい!

今まで寒かったので、窓から離れたところに布団を敷いていたのです。

でも、暖かくなってきたので、思いきり窓側に寄って寝てみました。

暖かくなったので、起きやすいというのももちろんあります。

でも、明るいと目覚ましが鳴る前に自然に目が覚めるのです。

そして、目覚ましが鳴ったら止める。

目覚ましで起こされると、二度寝の確率がとても高いのですが、目覚ましの前に自分から目が覚めると爽やかなのです。

さいごに

早起きできないコンプレックスの塊です。

だからこそ、たまに早起きできたときの気持ちよさをしっかり感じて、自然にできるようになったらいいなぁって思います。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!