決断を早くして、決めたらもう迷わない【迷っている時間の断捨離】

広告

時間については、「時短」は意識するけど、「断捨離して捨てる」まで考える人は少ないかもしれません。

私が無駄な時間として捉えているのは、迷う時間です。

このへんは性格にもよるでしょうから、合わない人もいると思います。あくまでも私個人の見解です。

決めたら失敗を恐れず、即、行動

最近の私は、行動力があると言われることが多いです。

確かに決めたら、即、行動に移します。

私の周りには、失敗しないか心配だからと熟慮して、なかなか動き出さない人も多いです。

でも、何が失敗かはずっと後になってみないとわからないし、第一、人生において失敗ってないんですよ。

私なんて、離婚してしまったことは、バツイチと言われ失敗の象徴のように思い込んでいましたが、単に戸籍謄本の名前のところにバツがついて、修正がなされているだけなんですよね。実際に見た時は、「あ-、これがバツイチか!」と妙に納得して終わり。

迷うのは、どちらを選んだらよいか決めかねる時ですね。

そんな時、私が選ぶ基準3つ書きますので、もしなるほどと思うところがあったら、参考にしてください。

迷う時に選ぶ基準

最初にピーンときた方を選ぶ

試験の時、最初に選んだ方が合っていて、あとで直したら違って悔しかったという経験って誰にもあると思います。

最初に選ぶ時は、ちゃんと文章をしっかり読んで考えているんですよね。

あとで見返す時は、答えを前提に考えているから、こんなに「c」ばっかり続いたらおかしいかもなんて邪推が入っちゃう(笑)

自分がやりたい方を選ぶ

自分がやりたい方を選べばいいのに、いろんな余計なことを考えて、どうしたらいいかと(自分の気持ちを抜きにして)判断しがちです。

でも、これが結局、後悔の元なんですよね。

誰かのために、なんて思っているけど、相手は全然それを望んでいないことだってあります。

特に家族や友達の場合など、勝手に良かれと思って(自分は我慢して)してあげると後々よくない結果になることもあります。

我慢する時点で無理があるってことですよね。

自分は我慢してるんだから、あなたも我慢すべきって・・・、私のことですけど。

一番良いものを選ぶ

一番良いものと言っても高ければいいということではありません。

その人なりの考えに合ったモノを選べばいいと思います。

例えば、私は、車に関しては安全であれば十分と考えているので、自分の運転技術で乗りこなせないような大きな車に乗りたいとは全然思いません。ぶつかった時の衝撃を考え、軽自動車は避けます。方向音痴なので、カーナビは純正をしっかりつけます。

食事で何を選んだら良いか、わからない時は、お店のオススメを選びます。なかなか行けないお店だったら、そのお店の中の高いコースを選んでみます。考えたってわからないことは、自信を持って提供してくれるものを選んでおけば間違いないです。

決めたらもう迷わない

上の3つの基準で決めたら、あとはもう迷いません。

迷うのは、時間とエネルギーの無駄です。

自分の直感を信じれば良いのです。

自分のことは、誰よりも自分がよく知っています。

好きなことも嫌いなことも、どうしたら嫌な気持ちになっていくかも。

だから、自分のために最高の贅沢な選択をしてあげればいいのです。

さいごに

偉そうなことを書きましたが、60年も生きてきてわかってきたことです。

離婚も含めて、全然失敗じゃなかったって自信を持って言えるので、私より若い人たちには、どんどんやろうと思ったことをやってみてほしいです。

とにかく失敗を恐れないで。だって、人生に失敗はないのですから。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい