いつも時間に遅れてしまうのは、見積もりが甘すぎるのが原因だった

広告

恥ずかしながら、昔から時間にルーズなさわこです。

余裕があったはずなのに、結果的にいつもギリギリで焦っているのです。

改めて、細かく自分の行動の記録をとってみると、平気で見積もりの倍以上の長さの行動を続けてしまっていることがわかりました。

見積もりが甘い。

草むしりをしていた時など、いつもおかしいなぁと思っていました。

1時間もあればこれくらいできるかなと思ってやり始めるのですが、全然終わりません。

2時間くらい水も飲まずに一生懸命やってしまい、フラフラになったこともありました。

30分タイマーをかけてやってみると、予定の半分もできていなくてびっくりします。

私は、やりだすと適当にさっさと済ませるというのが苦手です。

細かい仕事は、思っているよりうんと時間がかかります。

見積もりが甘過ぎの現状です。

やっているうちに別のこともしてしまう。

一つのことをやっているのに、いつの間にか別のことをしているというのも、私にはよくあることです。

今まで、無自覚だったのですが、記録を取ってみると、あれ、今、掃除の時間だったのに、何でご飯食べてるんだろう?って具合に、行動が終了しないうちに次に移ってしまっているのです。

だから、結局、どこも何も片付かない。

場当たり行動が多すぎる。

対外的なことについては、スケジュールに組み込んでおかないと相手に迷惑がかかります。

それで、その空いている時間で自分のことをしようとします。

でも、自分のことは、相手のないことなので、適当です。

今は、フリーなので、食事の時間も寝る時間も全て気分次第です。

そして、見積もりが甘いので、食事が遅くなり、寝る時刻も遅くなっていってしまうわけです。

そんなデタラメで場当たり的なことをしているのに、相手がいないために、誰にも迷惑かけないからいいか、と思ってしまうのです。結局、睡眠不足になります。

場当たり行動ばかりしていると最終的に健康を害します。

さいごに

見積もりが甘いというのは、自分の力を過大評価しているのか、時間に対する自覚が薄すぎるのか、ですね。

私の場合、掃除機をかけるのは素早いのですが、床を拭き始めると細かいところが気になって一気に時間が経過します。

だから、自分の行動特性をよく自覚していく必要があります。

見積もりがしっかりできるようになって初めて、有効な予定が立てられると思います。

時間の管理ができるようになったら、やれることが増えると思う。もちろん、その分やらないことも増やさなきゃ!

雅美さんの絵

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!