88歳の母が施設に入所するまでの記録(4)有料老人ホームの見学に行き、すぐに仮契約

広告

入院している母は随分元気になってきたようです。

本人から電話がありました。

同室の人が退院していき、寂しくなったようです。

シルバーカーを押して廊下を歩いていると寝たきりの人ばかりで、もうここを出たいと言うのです。

確かに療養型病院のため、高齢で重症の人ばかり、父が亡くなるまでお世話してもらった病院で、雰囲気が暗いんですよね。

正直、私は父の時、2年間ずっと通っていていつも気が重くなっていました。

だから、母がもうここにいたくないと訴える気持ち、よくわかります。

施設入所への手続きを急ぎます。

注釈

本記事では、「サービス付き高齢者住宅」について書いています。わかりやすくお伝えするため「有料老人ホーム」と表記しています。

実際には、契約の形が異なるのですが、実体験を伝えるために、このように表現していることご理解ください。両者の違いについてはこちらの記事をどうぞ

ココファン鞍月に入れなかった

事前に施設見学の申し込みをしていた「ココファン鞍月」へ向かったのが、6月23日(火)10時です。

 ココファン湯癒館・問屋町」は8月にならないと空かないことがわかり、「ココファン鞍月」の方の見学に行きました。

到着するなり、所長さんから「申し訳ない、1つだけ空いていた部屋は、昨日決まりました。」と言われ、驚きました。

実は月曜日は姉の都合が悪かったので、翌日の火曜日の午前に行くことにしたのです。

それが、月曜日に来た人に決まったと言われ、姉が「私のせい??」と慌てました。

タイミングなんですよね-。

ココファン鞍月デイサービスのお勉強

時間が限られているので、ココファン鞍月の方ではデイサービスの様子だけ見せていただきました。

さすが学研、ドリル学習をしていました。

計算練習のようでした。

車椅子の方が2名、後の方は椅子に座ってお勉強していました。

年齢的に母と同じくらいのように見えました。

こんなところに母も一緒にいたら絶対認知症にならないな-と思えました。

ココファン藤江に1部屋空いている

ココファン鞍月で「ココファン藤江」の方に1部屋空いているので、そちらを見てみますか?と言われ、ココファン鞍月の方がクリニック併設でデイサービスも施設内で受けることができるため迷いました。

ただ、「そちらも本日11時に別の方が見学に来られます。」と聞き、またまた慌てました。

11時に約束している人に決められたら、もうどこも空いてないのです。

姉と顔を見合わせ、とにかく行ってみよう!ということに。

ココファン藤江の居室が素敵

初めてサービス付き高齢者住宅(サ高住)の居室を見ました。

1部屋だけ空いているという部屋は2階です。

家の母の部屋と同じような感じです。

トイレと洗面所があり、ベッドと棚が置かれています。

あとはテレビや冷蔵庫など自由に持ってくるのだそうです。

見守り付きのアパートですね。

とても快適だと思えました。

姉も気に入ったので、すぐ仮契約しました。

ココファン藤江かかる費用は?

学研本部の方で、収入面の審査があり、それが通ったら正式契約になります。

母は年金が月3万円しかありませんが、不動産収入があるので問題はないはずです。

母が入る予定なのは、Aタイプ約11畳のお部屋です。

家賃45,000円+共益費25,000円+食費48,630円+生活支援費36,056円=154,686円

共益費の中に、定額の光熱費が含まれます。

食事は朝・昼・夕、1日3食×30日食べた場合の金額で、事前にキャンセルも可能です。

敷金は家賃2ヶ月分。

別に介護保険利用料がかかります。

医療費・日用品費は個人負担です。トイレットペーパー等は自分で用意します。

本当にアパートに入る感覚ですね。

入浴はデイサービスで入れてもらうほかに、施設のお風呂に入ることができます。

母の場合は多分、介護サービスを受けなくても一人で入れると思います。

さいごに

6月25日(木)要介護認定の審査が行われます。

判定が出るまで1ヶ月近くかかるそうです。

病院の方と退院の日程について相談し、ココファン藤江へ移る日を決めなければいけません。

7月20日までは入院していられるのですが、もっともっと早くなりそうです。

展開が早いので、私も準備が忙しいです。

つづき、要介護認定の調査について

88歳の母が施設に入所するまでの記録(5)要介護認定の訪問調査がありました

今までの記録です。

88歳の母が施設に入所するまでの記録(1)明日ケアマネージャーさんとの初面談です

88歳の母が施設に入所するまでの記録(2)ケアマネ面談後、要介護認定の申請へ

88歳の母が施設に入所するまでの記録(3)母はずっと母のままでいてほしい

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!