88歳の母が施設に入所するまでの記録(6)お詫び 「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」は異なるものでした

広告

現在、入院中の母は随分回復してきて、もう退院したいと訴え始めました。

こんな寝たきりの人ばかりの病院は、シルバーカーを押して歩いてトイレまで行ける自分がいるところではないと言います。

病院へ要介護認定の調査員が来て、母とは別に私も面談したのですが、チェック項目に該当する箇所がなく、介護認定が難しそうだなと思いました。

その記事はこちらです。

88歳の母が施設に入所するまでの記録(5)要介護認定の訪問調査がありました

この記事を読んでくださった方から、「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」は異なるもので契約面でもしっかり区別して把握しておく必要があることを教えていただきました。

母が病院退院後、行く場所として予約してある『ココファン藤江』は学研が経営する「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」です。

学研が「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」の違いを解説しているサイトを教えていただいたので、ここに記録しておきます。

サ高住と有料老人ホームの違い

「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」の違い

「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」の一番の違いは、契約の形態でした。

「サービス付き高齢者住宅」

「サービス付き高齢者住宅」は、住宅部分については建物賃貸借契約を結ぶとともに、生活支援サービスを提供する場合は、サービス利用契約を別途締結します。

要は、賃貸アパートを契約し、そこを住まいとして訪問介護サービスを受ける形なのだと思います。

母が入る予定の『ココファン藤江』の例で説明します。

一般のアパートと異なり、共同住宅内の食堂で食事の提供(有料)があり、入浴は共同のお風呂(共益費に含まれる)で一人ずつ時間を決めて入ることができます。

その際、介護サービスを利用して介助してもらうことも可能だし、一人で入り、使い終わった後の掃除だけお金を払ってしてもらうことも可能です。

洗濯機と乾燥機も共益費の中に含まれるので自由に使うことができます。

部屋の掃除やシーツ交換などは自分ですればいいし、できないときは介護サービスを利用したり、有料でしてもらったりします。

「有料老人ホーム」

「有料老人ホーム」は、一般的に、入居の際に一時金を支払うことで終身にわたり居室と共用施設を利用する権利と、介護や生活支援サービスを受ける権利が保障されるという契約形態です。

自立〜介護5の人まで利用できます。

本当は、病院併設の有料老人ホーム希望

実は、本当は現在入院しているみらい病院併設の介護付有料老人ホーム『シニアホームみらい鞍月』への入居を希望しています。

ここは、2015年にできたすぐの時から、母とここへ入れたらいいねと言って見学もしてきたところです。

でも、その段階では母はまったくの「自立」だったので案内してくれた方からも「対象ではありませんね」と言われました。

でも、常に「ここが痛い、あそこが辛い、頭が痛い、眠れない」と不定愁訴が多い母には病院併設が一番安心です。

現在は満室で、何人も順番をついている人がいるということですが、とりあえず、申し込みをして順番をついておく必要があります。

空きが出たら、移ることになります。

それまでの期間、『ココファン藤江』にお世話になります。

さいごに

「サービス付き高齢者住宅」と「有料老人ホーム」の違いがはっきりわからず、自分でも頭の中がゴチャゴチャしていましたが、スッキリしました。

最終的に行きたいところを決めて、そこへ入るまでお世話になるところも決めました。

今朝、また「頭が重い」と訴えてきた母に、現状を説明すると安心したようです。

母が本当は家に帰って私に世話をしてほしいと思っていると思うのですが、それをすると私自身にストレスがかかってしまうのでできません。

なんで、みんな自宅で親の面倒を見ているのに、私は施設へ入れようといているのかと自分を追い詰める気持ちが出て苦しくなります。

でも、多分、母が精神的に依存してくるのが苦しいのだと思います。

親戚の人に「この子が私の面倒を見てくれる」と言っていたのを聞いたとき、スーッと気持ちが引いていきました。

最後まで母のことが好きでいたいので、距離は大切です。

今までの記録です。

88歳の母が施設に入所するまでの記録(1)明日ケアマネージャーさんとの初面談です

88歳の母が施設に入所するまでの記録(2)ケアマネ面談後、要介護認定の申請へ

88歳の母が施設に入所するまでの記録(3)母はずっと母のままでいてほしい

88歳の母が施設に入所するまでの記録(4)有料老人ホームの見学に行き、すぐに仮契約

88歳の母が施設に入所するまでの記録(5)要介護認定の訪問調査がありました

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!