節税対策に「年金共済」という手もある。【お金を貯める】#100blogs(30/100)

広告

収入を増やすというのは、なかなか難しいものです。

支出を減らすとか、節約するというとストレスが伴います。

私にとっては、できるだけ気持ちの負担なく、お金が減らないのがベストです。

そんなときにいいものを発見。

個人年金保険料控除を利用しての節税対策です。

年金共済の支払掛金が、年間8万円以上の場合、所得税から4万円の所得控除・住民税から2.8万円の所得控除があります。

具体的には、課税所得金額が300万円で、年間の支払合計が8万円以上の場合

税率が10%のところになるので、

所得税4万円×10%=4000円
住民税2.8万円×10%=2800円
合計6800円の節税効果があるのです。

税金が少しでも安くなると嬉しいです。

私は、共済掛金を(年払い)12万円で12年間、70歳まで掛ける契約にしました。

そして、70歳から10年間、掛けた分の年金を分割して受け取ります。

予定利率は、契約から5年間0.5%で、6年目以降の最低保証0.75%です。

つまり、毎年12万円×12年間=144万円払い込み、70歳から10年間で最低でも150万円=年15万円×10年間受け取るのです。

一瞬、22年もかかって6万円増えるだけかぁと思いましたが、そんなことはない!

いまどき、定期預金しても0.02%しか利息が付かない時代。0.5%~0.75%増えれば上出来です。

しかも、毎年の所得税と住民税で節税効果があれば、最高です。

さいごに

まぁ、年間15万円ということは、月12500円年金が増えるということで、70歳になった時のお小遣いとして楽しみにしたいと思います。

それにしても、年金共済って60歳までしか入れないものだと思っていました。

JA共済なので、誰でも入れるというわけではないのかなぁ・・・?

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!