人生で一番お金がかかるのは老後かもしれない

広告

私は、転んで左手を複雑骨折しました。

2泊入院して、ボルト固定手術して、7週間後にボルトを抜いて、今せっせと週2回リハビリに通っています。

ギプスが取れるまで車の運転をしなかったので、ずっとタクシーで通院しました。

たくさんお金を使ってしまったなぁと思い、計算してみました。

骨折してかかっている医療費

思いの外、かかったのが最初に行った病院です。

たまたま当直の外科医が不在ということで、近所にある石川県立中央病院(以下、県中)ではなく遠い金沢赤十字病院へ行きました。

夜間特別診療のため、レントゲンを撮って患部を固定して痛み止めを出してもらい、県中への紹介状を書いてもらいました。

その分が14,220円。

その翌日の県中での諸検査が12,450円。

そして、手術を含め、入院費が73,990円。

その後、診察は1回 890円、抜糸の時は1,450円、ボルトを抜く手術の時は4,640円、リハビリは1回 770円。

リハビリは、9/22現在20回。今後まだ続きます。

現段階で、病院へ払った金額は、合計119,430円です。

タクシーは、1回1,000円くらいなのですが、途中から帰りはバスに乗ったりしたので、合計15,000円くらいでした。

父の医療費

正直、もっとかかったかと思っていました。

なぜなら、父が脳幹部出血で倒れて、2年間入院していた時の入院費は毎月23万円だったからです。

突然倒れたため、オロオロになり「今、死んでもらっては困る」と必死でお医者さんにお願いして命をつないでもらいました。

その時は、胃瘻(いろう)が延命措置であるという意識がなかったのです。

2年間も寝たきりで、寝返りも打てず、喋れず、食べることも飲むこともできない状態で、父は本当に苦しかっただろうと思います。

何度も誤嚥性肺炎になり、いつ死んでしまうかわからない状態が続いたので、お金がかかっても何も感じる余裕もありませんでした。

でも、結果的には父の医療費は500万円以上かかりました。

父が汗水垂らして働いて貯めたお金なので、父が使えばそれでいいと思っていました。

逆にお金があっても助けることができないのが残念でなりませんでした。

友達の親の施設入所費

今、母は、結構病院へ行っていますが、それでも1回にかかる金額は1000円にもならないので、安いものです。

友達のお父さんやお母さんは、施設へ入っている人が多いです。

一番安い人で月13万円です。16万円くらいの人もいます。

収入に応じて違うと思いますが、年間150万円以上もかかります。

祖母の入所費(特養の場合)

私の祖母が特別養護老人ホームへ入っていた時、月87,000円でした。年間約100万円です。祖母の年金は月3万円でしたから足りない分は父が払っていました。

子どもの学費

我が家で考えると一番お金がかかったのは、娘2人が県外の私立の大学へ通っていた時です。

中学校の教員をしていた私は、ボーナスを授業料の振込に注ぎ込みました。さすがに2人が重なった1年間は定期預金を崩しましたね。

毎月の給料から生活費の仕送りをしていました。

今から思えば、その頃の私は、土日は部活の指導に明け暮れ、お金を使う機会もなかったのでやり切れたのでしょうね。

遊びに行ったり、ランチに行ったり、洋服やアクセサリーを買うなんてことは全然なくて、ひたすら仕事して子どもを育てていたような・・・。

でも、娘たちもちゃんとアルバイトして生活費を自分で作ってくれていました。

私は、通帳に100万円くらい入れて、娘にキャッシュカードを持たせて、金額が減ってきたら補充するようにしていました。

子どもが大学へ行った時が一番お金がかかりましたが、4年間という期間限定なので見通しが持てました。

さいごに

親の介護の場合は、いつまで続くかわからないので、金銭面では不安ですよね。

私の友人でお父さんもお母さんも施設に入っている人は、どちらかが体調を崩して病院へ入院するたびに施設のお金と入院費と両方払わないといけないから大変と言っていました。

金額を聞いていると気の毒です。

私は、今回、生まれて初めて大ケガをして入院して手術までして大変だと大騒ぎしているけど、金銭的にはそこまででもありませんでした。

もちろん、予定外の支出ですから良いことではありませんが、母が健康で施設にお世話になることなく自宅で(お金がかからずに)暮らしているのはありがたいことだと思いました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!