ヤバイ 市県民税の督促状が来た お金の管理しっかりしよう

広告

税金はキッチリ払っているつもりでしたが、なんと金沢市から「督促状」なるものが届いてしまいました。

「?」納得いきません。

「あなたの市県民税(普通徴収)が口座振替できませんでしたので、7月31日に再度振替いたします。前日までに預金残高にご配慮ください。

再振替日までに金融機関の窓口で納付されますと、二重納付となりますのでご注意願います。

納入すべき税額を見てみると240,600円です。

「えっ、私、通帳に240,600円入っていなかったのか?」と慌てました。

そんな状態では、クレジットカード払いも引っかかってしまいます。

ブラックリストに載るのは嫌だぁ。

でも通帳にはちゃんとそれなりの金額入っているんですけど。

通帳にお金があるのになぜ引き落としできないのか

落ち着いてよく考えてみました。

通帳にお金があるのになぜ引き落としできないのか、その原因がわかりました。

私は、不動産収入が入らないプライベート通帳の方をそのまま振替口座にしていたからです。

しかも1年分一括払いの指定です。

かつて公務員時代は、こちらが給料振込み口座で、いろいろな税金は全てここから支払っていました。

給料天引きだと自分がいくら税金を払っているかも知らないノー天気な人でしたね。

どうすればいいのか

納税時期が近づくと、不動産賃貸収入が入ってくる口座からプライベート通帳へお金を移動するというめんどくさいことをしているので、こういうミスが起きるのです。

引き落とし口座を変えれば済むことなのですが。

結局は、自分が、どの時期にどれだけ納税しているか、把握しきれていないことが露呈したわけです。

私の場合は、節約以前に、まず家計を管理することを徹底しなければなりません。

さいごに

実は、娘の結婚が決まり、これから嬉しい悲鳴の出費が続くことになります。

大事な時に、親として十分お金を出してあげられるよう、もっとしっかりしなければ!と気が引き締まる母です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい