自分が責任を取らなければならないという思い込みを捨てる

広告

今、とても迷っていることがあります。

まだ結論は出せず、いろいろな人に相談してオロオロしています。

またアパートを建てるかどうかです。

以前、自宅兼アパートを建てると言っていたのとは全く別の話。

大きな借金をしてまで投資をする必要があるのか、なかなか決断がつきません。

父から「借金をしてはいけない」とずっと教え込まれてきたため、リスクや利息を払うことを損失と考えてしまうからです。

今日はついに娘にも相談しました。

娘はわからないなりに、一緒に考えてくれました。

ありがたいと思うと同時に、これからは自分一人で決めずに娘にも相談していこうと思いました。

今まで「誰にも相談できないから、自分で決めなければならない」と思い込んできたのです。

そして、娘の負担にならないように自分が全部後始末をしていかなければならないと。

30年後の心配をするのも大事だけど、30年間娘たちと相談しながらゆっくり決めていってもいいのだと思うと気が楽になりました。

父が倒れたとき何もわからなかった私が大変だっただけで、今から一緒に考えていく娘たちは意外にしっかりやってくれるかもしれません。

誰にも無理だから私が全部やらなければ、というのは私の思い込み。

もっと娘たちを信頼して頼ってもいいのかもしれません。

歳とったら一人で施設に入って、娘たちに迷惑かけないようにしたいとまでずっと思ってきました。

でも、歳とったらある程度迷惑かけるのは当たり前なんですよね。

最後まで家族と一緒にいられたらとても幸せなことで、私もそう願ってもいいんだと思うと涙が出ます。

一人で背負わずに家族みんなでその時その時の一番良い方法を相談しながら決めていく、そんなことを思いつきませんでした。

父が全部背負ってきたように、私も全部背負ってしまうところでした。

私は父のような強さを持ち合わせていない分、オロオロして周りに相談しながら歩んでいくことになります。

人を信頼するって大事ですよね。

今日は娘と大切な話をたくさんできて、本当に良かったです。

もしかしたらアパートを建てるかどうか、は大きな問題ではなくて、娘とこれからのことを真剣に話すきっかけだったのかもしれません。

3月22日私の誕生日の日に、大和ハウスの方と税理士さんと一緒に話合いをして、そのあと家族で夕食会です。

さすが60歳、記念すべきすごい誕生日になりそうです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい