アパートを建ててそこに住む計画をやめることにします お金を大切にしよう

広告

お金のことをいつもいつも考えています。

母が老人ホームに入ったら、実家をたたんで地面を売り、そのお金でアパートを建てて、私はそのアパートの1室に住むという計画でした。

ところが、私の中で、なかなかそのイメージが具体的に膨らんでこないので、何だか変だなぁと思っていました。

さらに、せっかく大金をかけて実家をリフォームしたのにそこに住まないのはもったいないなぁという思いがどうしても抜けきれませんでした。

急に、アパート建設をやめようと思ったわけ

今日、JAの不動産経営研究協議会に参加して、税理士さんの講演を聞いた時、ハッと思ったのです。

アパートを建てても儲からない!

このことはずっと気になっていました。

現在は建築費の高騰が大きく、父の相続税対策でアパートを建てた時より出費がとんでもなく多くなるのです。

当時は父のお金があり、このままでは どうせ税金で取られてしまうと思い必死でした。

母の相続税対策は既に精一杯してあります。

そんな今、自宅があるのに、お金を使ってアパートを建てて、今ある家よりうんと狭いところに入って暮らすのは、お金の無駄遣いじゃないかなと思ったのです。

消費税も高くなるし、慎重にならざるを得ません。

税理士さんは、アパート建築は相続税対策にはなるけど、それ以外の面では収益は少なく、倉庫や店舗を建てて貸す方が(アパートに比べて)建築費が安い割に収益が大きいのだと数値で示してくれました。

実際、アパートは修繕費もかかり、長い目で見るとそこまで儲からないのです。

冷静にお金の計算をしたら、アパートを建てることのメリットが考えられませんでした。

そしたら熱が冷めて、無理してアパート建てるのやめようと思ったというわけです。

そう言えばなぜアパート建てようと思ったか?

そう言えばなぜアパートを建てようと思ったかと言うと、ことの発端は昨年の大雪の時、いきなり母が「引っ越しして小さな家を建ててそこに住もう」と言いだしたことからです。

家を処分して小さな家で母と一緒に暮らすことを考えたら、だんだん苦しくなっていって、結局同居をやめて自分の元の家に戻るという展開になっていってしまったのです。

そして、いずれ家を処分するのだから、そのあとは気楽にアパート暮らしをしようと思い、どうせなら自分の思い通りのアパートを建ててそこに住もうと思ったのでした。

やっぱりお金がもったいない

アパートを建てるにはやはりかなりの金額が必要です。

実家の地面を売ってもそれだけでは足りず、借金をして建てることになります。

さらに実家は無駄に広いので解体処分するのにもかなりお金がかかります。

アパートなど建てず、ずっと家に住んでいた方がお金がかかりません。

私がアパートを建てるという発想を持ったのも、家を建てるのはもったいないからアパートを建てて自分もそこに住めば経費で収まると思ったからでした。

それくらい私はいかにお金を使わずに生きていくか、そんなことばかり気にしています。

母はお金のことをよく考えないので、いきなり便利なところに家を建てようなんて言いだしたのだと思います。

それに惑わされすぎたのかもしれません。

さいごに

今更、新しい家やアパートなんて建てないと決めたら楽になりました。

ずっとモヤモヤしていたのは、違和感のあることをしようと考えていたからだと思います。

実際、健太の散歩のついでに、アパートを建てようと思っていた場所へ行って何度そこに立ってみても、ずっと違和感が消えなかったのです。

私と健太と一緒に古い家でのんびり暮らすのがいいんだと思います。

そして、なぜか亡き父も祖母もそれを望んでいるような気がします。

参考までに

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい