なぜ大金をかけてリフォームした家に住めないのか つづき まだ続く

広告

大金をかけて実家のリフォームしたのに、結局住んでいない件のつづきです。

母と一緒に住むと言ってリフォームしたのに、結果的に母を一人暮らしにさせている点とせっかくお金をたくさん使って満足できる環境を整えたのに現在それが生かされていない点が悔やまれます。

でも、母と一緒に暮らしたくないし、リフォームした家に住みたいとも思わないのです。

どちらも頭では、「親孝行して、今住んでいるよりうんと良い家に住んだ方がいい」と思っています。

だけど、そこに居ると苦しくなって、居られないのです。

私は、この実家から逃げ出したくて、結婚したのに、なぜまたここに引きずり込まれたのだろうという思いが襲ってくるのです。

では、なぜ大金をかけてまで実家のリフォームをしたのかというと、そこには私の大きな勘違いがあったことに気がつきました。

私は、「相続」に怯えていたのです。

お金だけではありません。

そのお金の元になる各種の契約がスムーズにいくか、不安でたまらなかったのでした。

それで、(入院中の)父と母のいる家に戻り、そこに自分も生活することによって、自分が父の相続人であると明らかにしたかったのだと思います。

今思えば、別に同じ家に住んでいなくても、私が相続人として父の契約をそのまま相続することができたのでした。

でも、その時点で、私は、契約した人たちは皆さん、父と契約したのであって、小娘である私なんか相手にしないのではないか?

舐められて財産を失うのではないか?

不安でたまりませんでした。

これらの心配は、生前父が「女だからといってめとにされることがないように、しっかりしろ」と母に向かって言っていたのから由来します。

めとにされる、という言い方は一般的なものではないのかもしれませんが、とにかく母も私も父のように頑固者だけが世の中を渡っていけて、私たちは女として下に見られて財産を失うかもしれないと不安でした。

母は、わからないことはわからないと逃げる人です。

父はいつも怒っていました。

姉も嫁に行った自分は口出ししないというスタンスです。

結局、私しかいませんでした。

急いで税理士さんと契約し、次々と相続税対策をしてきました。

とにかく、相続税を払い切ることが最重要課題でした。

田んぼがたくさんあったので、収入に対して相続税の金額はとんでもなく高額でした。

母の分の二次相続も続けて発生したら全ての財産がなくなるのではないかと思いました。

いったい何でこんなことになるのか、今まで公務員として税金を自分で払ったこともない私が、父の分、母の分、自分の分、娘たちの分、すべてを資産を管理しようとしたら、重圧に押しつぶされそうでした。

父の相続税を無事払い終わり、母はまだ元気でしばらく相続はなさそうです。

フッと気が抜けました。

何のために、父と母の家に戻らされたのだろう?

古くて汚い実家に住むためには、よっぽどのご褒美がないと耐えられないぞと思い、贅沢極まりないリフォームをしました。

でも、父の相続税を払い終わった段階で、力が抜けてしまったのです。

私は、自分が自由に生きたくて家を出て結婚して子どもを産み育てました。

家に戻ると、どうしても〜しなければならないということでいっぱいです。

母と何度か言い争いをしてきたけれど、分かり合えたとは思えません。

最近になって、ようやく母も辛かっただろうなと思うようになってきたのですが、それでもまだ受け止めるのが難しいです。

母はこれからどんなふうに生きていきたいのか、姉も交えて話し合いたいと思います。

私は、とにかくいつもお金の計算をしています。

母も自分も娘たちも、幸せに暮らしていけるようにと考えています。

でも、何が幸せかは、私が決めることではありません。

だから、私は私の幸せだけを考えればいいのだと思います。

母の相続に関して、母と姉と三人で相談して、ベストな方法を考えて、母がしっかりしているうちに決めておきたいです。

書いているうちに話がずれていってしまったので、また落ち着いて考えて続きを書きたいです。

→つづきの記事を書きました。

最初の記事はこちらです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい