【婦人科定期検診】嫌でも我慢して検診を受けることにする

広告

毎年、婦人科定期検診だけは行っています。

2014年に、子宮体がんの検査で要精検になって、細胞を採って病理検査してもらったことがあります。

その時は、結果的になんともなかったのですが、しばらくは半年ごとに検査を受け、最近は1年ごとに検査を受けています。

不正出血が続いたり、どろっとして臭いオリモノがあった時は怖かったですね。

この頃は閉経期で、ホルモンバランスも良くなかったのと、ストレスも大きかったです。

婦人科と言えば、私が大学生の時、母が子宮筋腫の手術をするために入院して、その時、付き添いで一緒に病室で寝たことを覚えています。

私自身も子宮にポリープも筋腫もありますが、そんなに大きくないということを毎年、確認に行っている状態です。

主治医の先生は、カーテン越しにモニターの映像で「こことここにボリープありますね。筋腫はここからここまでで、大きくなってないから大丈夫ですよ」ってサラッと。

病気になったら、無理な治療はせず、そのまま受け入れようと思っている私ではありますが、現段階でボリープや筋腫があるわけですから、放置しておく方が不安材料です。

現在は特に自覚症状もなく、婦人科の場合、自覚症状が出る段階で「手遅れ」になっていることも多いので、主治医が毎年おいでと言う以上、従います。

最初は、行くの嫌だなぁとずっと悩んでいたのですが、もう諦めました。

行くと決めて迷わなくなった方が楽です。

歯医者と婦人科の予約「やらなきゃいけないこと」をついに「やる」

1つ任務完了 婦人科の検診行って来ました。

胃カメラも大腸がんの検査もゾッとするので、逃げ回っていましたが、今年からはもう観念して「人間ドック」に行くことにしようかと思います。

歯医者さんもずっと嫌で長い間避けてきたのですが、今はずっと通っています。

嫌だから検査を受けない・・・を卒業して、嫌だけど現実と向き合う。

ずっと迷っていたのですが、なんとなく心が決まりました。

書き始める段階では、「人間ドック」なんて全然思っていなかったのに・・・。

気が変わらないうちに予約入れるようにします。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!