たとえ病気になっても、一病息災ならいいね【姉の病気から学んでいること】

広告

厚生労働省の発表によると、2020年の日本人の平均寿命は男性が81・64歳、女性が87・74歳です。

でも、健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳。

となると、健康じゃない期間が、男性9.5年間、女性12.95年間あるってこと?

健康寿命って何?

健康寿命って、いったいどういうことか・・・と調べてみました。

国民生活基礎調査の「現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか」という質問に対し、「ない」と回答した人を「健康」、「ある」と回答した人を「不健康」として健康寿命を算出しているそうです。
(保険のぜんぶMAGAGINE 平均寿命と健康寿命とは?両者の違いと今からやるべき貯蓄方法【2021年】より)

健康寿命とは、「日常生活に制限のない期間」で、「日常生活に制限がない」とは、介護など他人に頼らずに自立して健康に生活できることなのです。

健太

ボクはまだ3歳で元気だよ。

一病息災

姉の場合、大腸の悪い部分を切除したので、今後は再発しないように気をつけていくことになります。

私は、入院した段階で「姉はもう健康じゃなくなった・・・」と悲観してしまったのですが、現代医療においては退院後は、定期的な通院で日常生活を送ることができます。

もちろん、以前のように好きなだけ食べたり飲んだりできませんが、そんなことは私からしたら当たり前で(笑)

病気と上手に付き合いながら生きていくことになるのだと思われます。

私が勉強したところによると、腸には約70%の免疫細胞が存在するわけですから、大腸の一部を切除した姉は、これまでの何倍も感染症に気を付ける必要があります。

コロナウィルスはもちろん、インフルエンザや今後の新たに出てくるであろうウィルスに対しても、普通の人以上にかからないように用心してほしい。

コロナ対策で、みんながうがいや手洗いを徹底したおかげで、インフルエンザにかかる人がほとんどいなかったようですね。

姉の場合も病気を抱えることで、いつも体調管理に気を付けるようになり、今までより健康的に暮らせるかもしれません。

昔の人の「一病息災」とはよく言ったものですね。

私も姉が病気になったことを反面教師として、自分の体の声をよく聴くようにしていきます。

さいごに

今度、母の2ヶ月に1回の定期通院があります。

その日をいつも姉と私、2人揃って母に会う機会にしているのですが、今回は私だけになります。

まだ1週間以上あるので、もしその時、姉が行きたいと言ったら、どうしようか迷うところですが、入院中に姉もすっかり痩せたみたいなので、母が「どうしたん?」と聞くと思います。

いろいろ説明が面倒くさいので、今回は、姉はちょっと都合悪くて来れなかったということにしておきたい。

なにしろ、母は心配なことがあるとすぐ眠れなくなると言うので、それも面倒くさい(笑)

嘘も方便ですよね。

嘘をついているとどこかで苦しくなりそうだから、いつか母にもちゃんと説明しないといけない。

親にとって、子どもが病気になることほど悲しいことはないから、親がいる間はできるだけ健康でいましょうね!

家族にも友達にもできるだけ心配かけないようにしているのが、一番です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
さわこ

キミもそこでストレッチするのかい?

健太

うん、僕の方が上手だよ。

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!