足で物を動かさない【面倒くさいの断捨離】

広告

しゃがむのがちょっとしんどくて、サッと足でやってしまうことありませんか?

私は、たまにあります。

キッチンの一番下の引き出しを足で押して閉めること。

キッチンの上の引き出しをさりげなくお腹で押して閉めること。

足元の邪魔なものをちょっと足で動かすこと。

何気なく無意識でやってしまっているのですが、もうやめようと思いました。

実は、先日、着物を着て丁寧な言葉遣いの女性が、足で床に置かれているカゴをずらしているのを見て、ショックを受けたのです。

あー、こういう人がそういうことをしちゃいけないでしょと思ってしまったんですよね。

もちろん、何も言いませんでしたが、私はやめておこうと思いました。

バレーボールでも足で受けてもいい時代ではありますが、それとこれは別。

これも公に認められているから、別ね。

でも、こういう動作が楽にできるように、足を使ってもいいと変わってきているんですよね。

結局は、しゃがむという動作がしにくいから、みんな楽をしたいんです。

手にものを持っていて、手が離せないときに足を使いがちです。

でも、たとえ、手にものを持っていても、体が柔軟に使えていたら、サッとしゃがんでできるはずです。

それを、面倒だと思ってしまうほど動きが悪くなっているということではないかな?

逆に言えば、そういうしゃがむ動作を面倒くさがらずにやっていれば、体は良い状態を保てます。

使えるものはどこだって、手だって足だって、使えばいいと思う人も多いかもしれないけど、私は昔、祖母に行儀が悪いと叱られたことを大切にしたいと思います。

ただでさえ、年をとって見苦しくなっていくのに、動作まで見苦しくならないようにするのも世のためです(笑)

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!