ワクチン副反応から回復して思うこと

広告

2回目のワクチン接種後、37度台の微熱が、翌日のお昼ごろから翌々日の朝までずっと続きました。

37.9度まで上がった時は、さすがにだるくてしんどくて、起きていられずずっと寝ていました。

寝ても寝ても眠れたので、体が弱っているのだなぁと思っていました。

それでも所詮、37度台ですから我慢して我慢できない熱ではありません。

だから、ご飯も食べたし、熱が出てしんどいですとブログも書きました。

ワクチンの副反応がしんどい 微熱・ダルい

ただ、この記事は、現場中継みたいな感じで、本当にダルい状態で書いているので、今から読むのも恥ずかしい。

それでも、そんな状態になるのだということを残しておきたかったです。

その後、お風呂に入り、ぐっすり寝て、起きた時は熱が37.0度に下がっていました。

それでも平熱と比べるとやっぱり0.5度も高いわけですから、微熱です。

午後からスタジオのレンタルがあったので、家から出ると気持ちがシャキッとなり、そのまま元気になっていきました。

次に熱を測った夕方はもう平熱に戻っていました。

このことから考えると、ワクチンを打って24時間くらいで副反応(微熱)が出始め、48時間くらいでおさまる(平熱に戻る)と言えそうです。(あくまでも私の場合です。

熱が出始める前はスーパーへ買い物に行ったりしてましたよ。

シャインマスカット、おいしかった

微熱以外の副反応

数字で表れるものは人にも伝えやすいのですが、それ以外の症状は副反応と言えるか、どうかよくわからず、前回の記事では書けませんでした。

それは、背中の痛みです。

友達は腰が痛くなったと言っていましたが、私は背中です。

ただ、友達も私も寝過ぎで痛くなったかもと思っていました。

それに加えて、私はワクチンを打つ前から始めていた筋トレのための筋肉痛なのかとも思ったり。

ワクチンを打ったことで、もともと負担があった部分の痛みを強く感じるようになったのかもしれません。

また、トイレがとても近くなりました

2時間に1回くらいのペースでトイレへ行きたくなるのです。

行きたいと思ったらもう、すぐ行かないと我慢できないくらいで、膀胱炎になったのかとビビりましたが、今はなんともないので、やっぱり一時的な現象でした。

それでもその段階ではそれが一時的なものなのか、続くのか不明なので、心配しました。

なにしろ、2時間に1回行っているのに、行くたびにたくさんオシッコが出るのですから。

脱水にならないように、たくさんイオンウォーターを飲みました。

イオンウォーターの飲み過ぎか?

秘密の後遺症

ここからは真剣には読まず、優しく笑ってくださいね。

Googleさんがコロナ、ワクチン、後遺症とカウントしないことを祈ります。

実は、かなり深刻な後遺症が残りましたよ。

それは、Netflixの韓国ドラマにハマってしまって抜けられなくなったのでした(笑)

私は以前、韓国ドラマにハマって、ウォンビンとイ・ビョンホンとぺ・ヨンジュンの全作品を見た後に宮廷ものも見てしまい、延々100話見続けるというとんでもない泥沼に陥っていたのです。

さすがに疲れて嫌になったので、もう見ないことにしました。

それを今、韓国ドラマにハマっている娘が私に「『愛の不時着』絶対お母さんハマるよ」と悪魔の囁きを何度もするのです。

ずっと無視してきたのに、どうせおとなしく寝ているのなら見てみようかなと思っちゃったんですよね。

そしたら、1話から速攻でハマりました。

熱が下がってもまだ見続ける(笑)

ラストまで行ったら、今度は寝ながらウトウトして目を瞑っていた場面をしっかり見たくて、また最初から見始める(笑)

寝ると見たくなってしまうので、もうビョーキです。

さいごに

後遺症なんて書いたので、悪いことのようになっていますが、実はとても素晴らしい2つの発見ができました。

1つ目は、私がいつか病気になった時、あるいは高齢になった時、そんな時でもブログを書けると思えたことです。具合悪い時は悪いなりにどんなふうに乗り越えようとしているか、伝えることができるということです。

2つ目は、私は寝たきりになってもパソコンやiPad、iPhoneがあれば楽しめるということです。韓国ドラマだけでなく、映画でもアニメでもいいし、YouTube見たり、ゲームをしたり、Kindleで本を読んだり、ブログを書いたり、他の人のブログを読んで楽しんだりできると思えました。

だから、今は早めに「後遺症」から回復して、元気に動き回ろうと思います。

韓国ドラマにハマるのは、もっと年をとってからでもいい。

いつも病気にならないように、体調が崩れないように気をつけているので、こんなに具合悪くなることはここ2年ほどありませんでした。

でも、ワクチンの副反応が思いの外、強かったおかげで、骨折した後の苦しかった時のことも思い出しました。

そして、健康って本当にありがたいと改めて実感できました。

熱もなく、痛いところも具合悪いところもないというのは、とても幸せなことです。

そんな状態を当たり前のように思ってきましたが、それは決して当たり前ではないし、小さい頃はよく風邪をひいて寝込んでいた体の弱い子であったことも思い出しました。

そんな時にいつもお粥とリンゴのすりおろしを作ってくれた母にも感謝です。

コロナは私たちが忘れている大切なことを思い出させてくれていますね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!