歯医者は行かなければならない とにかく予約しよう

広告

歯医者さんが超苦手でしたが、逃げていてはいけないと観念して通っています。

2017年4月、やっと予約をとる行動が取れました。

歯医者と婦人科の予約「やらなきゃいけないこと」をついに「やる」

痛みに対して極度に恐怖心があり、なかなか一歩を踏み出せないのですが、一度、動き出せば継続するのが得意な私です。

次の予約を入れるようにしていくと、ずっと行き続けることができています。

評判の良い歯医者さんに通う

私が2017年4月から通っている歯医者さんは、なかなか予約が取れない代わりに、一度の治療は1時間かけてしっかりおこなってくれます。

そこで、何十年も前に被せた銀歯を1本ずつ外して、根っこの部分の消毒及び治療を行い、今度はセラミックに替えているのです。

最初は、いったいいくらかかるのだろうか・・・とビビったのですが、3週間に1回のペースでは1本治すのに3〜4ヶ月くらいかかるため、1年で3本ずつです。

4年も経ってまだ完了していないのは、それだけ私が虫歯だらけであったということ。

でも、口の中に白い歯が増えていくのは、鏡を見ていて気持ち良いものです。

毎日の歯磨きが丁寧になる

ずっと歯医者へ通っていると、毎日の歯磨きも自然と丁寧になります。

私は、お風呂で湯船に浸かりながら15分くらいずっと歯磨きしています。

歯は一度悪くなると良くならない

歯は一度悪くなると、その後、良くなることはありません。

先日、治療した差し歯の土台の部分が折れてしまって、グラグラになって、痛くてたまらず、結局抜きました。

そうやって、高齢になると1本ずつ歯を失っていくのです。

できる限り、自分の歯を1本でも多く残しておくために、大切に大切にしていかなければなりません。

もともと歯が丈夫で、虫歯がないという人はいいですが、老人ホームなどでは、入れ歯の人がほとんどです。

よっぽど痛くならないと行きたくない場所の一番が歯医者さんですよね。

でも、だからこそ、定期的に行くことを強くオススメします。

さいごに

行かないといけないんだけど・・・という声をよく聞きます。

私もずっと逃げてきたのですが、頑張って勇気を出して、行き始めて、通い続けています。

もし、自分のことだと思った方がおられたら、とにかく予約を入れてみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!