「朝キャリ」by池田千恵 守りの朝活Have toを減らし、攻めの朝活Wantを増やそう

広告

朝4時起き、朝イチ業務改革コンサルタント 『「朝1時間」ですべてが変わる モーニング ルーティン』著者である池田千恵さんの【朝キャリ】オンライン説明会に参加してみました。

【朝キャリ】は、毎週月曜日の朝コーチングに誘ってくれて早寝早起きに目覚めさせてくれた中村明美さんが所属しているオンライン コミュニティです。

完全なる夜型で、人生の90%以上の日は朝寝坊していた私が、今は毎朝5時半に起きることができているのは奇跡のようなことです。

中村明美さんに紹介していただいた池田千恵さんの本を読んだ昨年4月段階で、私はまだ週1回の朝コーチングの日しか早起きできていませんでした。

でも、この本を読んで、私も朝型生活をしたいと強く思いました。

「朝1時間」ですべてが変わる モーニング ルーティンby池田千恵 30分でタスク分け+30分で未来の「種まき」

というのは、週1回だけ極端に早起きすると他の日とのバランスが悪く、逆に調子を崩してしまいがちだったからです。

そのうち、真夏の暑さが耐えられなくなってきました。

早朝に犬の散歩を済ませないと朝7時の時点でもう暑くて外へ出られない状況になりました。

そこで、毎朝5時半に起きて犬の散歩をする、そのために夜は22時に寝ると決めて実行したら、早寝早起きができるようになったのです。

見事に習慣化ができて、嬉しくてたまりませんでした。

そして、やっぱり私は本気で取り組めばなんだってできるんだと自信にみなぎっていました。

ところが、ところが、だんだん涼しくなり、寒くなってくると、また夜更かし朝寝坊が復活してしまったのです。

こんなはずじゃないと何度も立て直そうとしましたが、無理でした。

本来の私は夜更かしが好きなのです。

だから、また夏になって、必要に迫られたら早起きすればいいか・・・と諦めかけていたのですが、フッと「いやいや、あんなにできたのだから、できるはず」と思えて、その日からまた早起きできるようになったのです。

自分が「できる」と思ったから、また「できるようになった」のですが、それでは説得力がないなと思っていたところへ今回の説明会、タイムリーでした。

なぜ、犬の散歩という大義名分がなくなっても早起きが復活したのか、池田千恵さんのお話からその理由がわかったので、説明したいと思います。

守りの朝活・攻めの朝活

朝早く起きて自分の時間を作ろうというとき、「守りの朝活」Have to(〜しなければならない)だけでやろうとするとツライという現実です。

守りの朝活だけでは続かない

私が真夏の期間、ずっと毎朝5時半に起きることができていたのは、まさに犬の散歩を少しでも涼しい間にしなければならなかったからです。

以前飼っていたポメラニアンの子が10歳で突然亡くなってしまったとき、とても悲しかったので、次の犬は絶対大事にすると心に決めて飼い始めたのです。

私には、朝、涼しい時間にお散歩をする責任があると思いました。

だから、夜更かしよりも早起きが大事と迷いなく、夜更かしの誘惑を手放せました。

ところが、秋になり、その動機が不要のものになった段階で、また本来の夜更かしの誘惑に負ける私に戻ったのです。

そのほうが楽しいからです。

攻めの朝活でジワジワやる気が

また月曜日だけ早起きする変なリズムに戻ってしまうと、やっぱり都合悪いなぁと思いました。

人間は一定のリズムで生活する方が楽なのです。

そして、月曜日は早起きできるのだし、夏の間は難なく毎朝早起きできていたのだから、私はやろうと思えばできるのだと思い出しました。

そして、やるかやらないか、決めたのです。

そのとき、思ったのは、犬の散歩という目に見える目的を掲げたけど、本当は「朝寝坊してずっと時間に追われて焦っている自分がしんどい」ということです。

遅刻して迷惑かけるのもしょっちゅうです。

遅刻までしなくても、いつも慌ててパニックになっているのはミスや忘れ物にも繋がり、無駄が多すぎると感じていました。

とにかく時間に追われるのでなく、時間をコントロールしたかったのです。

夜更かしの原因をはっきりさせてみました。

ブログです。

一番やりたいことを1日の終わりにやっているから、寝るのが遅くなるのです。

ただ、夜更かししてブログを書くのがとても好きです。

自分の世界に入ってとっても集中できました。

でも、変化しようと思ったのです。

疲れた状態でダラダラ時間をかけてやるのでなく、朝早起きしてやるべきことをサッサと終わらせて、まだ元気な時間に一番好きなことをしようと。

さいごに

やっぱり「嬉しい・楽しい・気持ちいい」ことしか続かないと思います。

今までずっと続けてきたこと(私にとっては60年間続けてしまった夜更かし)をやめて、新しいことを習慣化するのは、とてもハードルが高いことです。

でも、そこで変化したほうが好きな自分になれるなら、踏み出してみる価値はあると思います。

まだまだせっかく早起きした時間の使い方が下手くそなので、これからもっと時間の使い方を工夫していく必要があるのですが、そのことも含めて、早寝早起きっていいなって思っています。

本当に、私には早寝早起きは一生無理だと思い込んでいたのですが、そんな私でさえできるようになってきたので、早起きを勧めてくれる友達って大事だなと思い、とても感謝しています。

私に早起きを勧めてくれた中村明美さんのブログはこちら

→素敵に年を重ねたい。ワクワクだけの人生へ人生は夢だらけ

池田千恵さんの公式サイトはこちら

朝活ですべてがうまく回りだす 池田千恵公式サイト

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!