体脂肪率を朝晩計るのは意味がなかった 入浴前だけで十分【ムダなことの断捨離】

広告

ダイエットのために、せっせと朝晩体重体脂肪率を計ってきました。

計らないとすぐ増えていき、計っているとそれなりにキープできるからです。

でも、最近、朝晩2回計ることに疑問を持ち始めました。

体脂肪率は、夜低いのに、翌朝は高い

私の場合、夜お風呂に入る前に計る体脂肪率は結構低いのに、翌朝の体脂肪率は高いのです。

毎日早歩きで1時間も散歩していると、24%台、時には23%台にもなります。

大喜びして翌朝計ると体重が減った分、相対的に体脂肪率が高くなることもあり、25%〜26%台になります。

体脂肪率は、電気の流れにくさで計る

家庭用の体重計で体脂肪率を計る場合、「生体インピーダンス法」で計られているようです。

これは、体に微細な電気を流し、その抵抗がどれくらいあるかということを測定する仕組みだそうです。

筋肉は電気が流れやすく、脂肪は電気が流れにくいという特性があります。

それで、「体脂肪が多い人は電気が流れにくい=抵抗が大きい」ということになって、体脂肪率の数字が大きくなるということ。

体脂肪率が前日の夜より翌朝は増える理由

体脂肪率は、電気の流れで測定するので、体の中の水分量が大きな影響を与えます。

入浴前後で計ると一目瞭然です。

入浴後は入浴前より随分少なくなります。

だから、入浴前に計らないといけないのですよね。

入浴と同じくらい体内の水分量に変化をもたらすのが、睡眠なんだそうです。

寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われていますが、水分摂取はしていません。

すると、体は自然に寝ている時も活動する体幹部に水分を集め、四肢の水分量は少ない状態になるようです。

家庭用体重計は、足から電気を通す仕組みになっているので、朝測定すると足の水分は一番少ない状態になっているため、電気抵抗が大きくなるようです。

その結果として、朝測定した体脂肪率は「抵抗が大きい=脂肪が多い」と評価されてしまうのです。

体脂肪率は、いつ計ればいいのか

人間の体の水分分布が一番安定しているのは、午後6時〜9時と言われているそうです。

この時間帯に毎日、できれば入浴前、計るようにしたらいいということがわかりました。

9時にお風呂に入ることを目標にしてみたいです。

さいごに

今年に入って、体脂肪を24%に減らすことを目標として、密かにずっと頑張ってきました。

2020年私は体脂肪率を27%から24%に減らし、その後キープし続けることができるだろうか

毎日朝晩2回体脂肪率を計り続け、その数字に一喜一憂して疲れてしまいました。

そして、家のヘルスメーターが信じられなくなって、一体どうすればいいのかと調べてみたわけです。

今度から朝の体脂肪率は計らず、夜、入浴前に24%をキープし続けるようにしていきます。

ちなみに直近10日間の体重と体脂肪率は、ずっと青信号です。

体重 体脂肪率 筋肉量
51.5kg 23.2% 37.3kg
51.6kg 24.4% 36.8kg
51.2kg 23.6% 36.9kg
51.2kg 24.4% 36.5kg
51.2kg 24.5% 36.4kg
51.4kg 24.7% 36.5kg
51.2kg 24.3% 36.5kg
51.1kg 24.0% 36.6kg
51.1kg 24.3% 36.5kg
51.7kg 24.3% 36.9kg

朝晩計っていたから、時々26%になったりして混乱していたけど、夜だけ見てみるとすごく安定していました。

余計なものを除くとちゃんと正しいものが見えてきました。

良かった!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!