片づけには体力・気力が必要です

広告

いつも旅行の時は、荷物をスーツケースの中が出したり入れたりするだけで、こんなに部屋に広げてしまうことはありません。

なんでこんな状態になっているかというと、疲れているからです。

実は、左手骨折後のリハビリ中で、動かない左手が痛くて痺れもあり、体中に力も入りすぎていてクタクタなのです。

まだ2泊3日の外出をするまでの体力も戻っていなかったんだと思います。

ホテルに戻ったら、すぐベッドに横にならないといられない2晚でした。

できるだけ荷物を少なくしてきたので、まだ何とか収まっています。

小さなスーツケースとバッグだけで旅慣れている私なのに、たったこれだけのものもテキパキ片づけられない現実はショックでした。

やっぱり片づけは体力・気力がいることなのだと思います。

高齢者にいきなり片づけろと言っても、できないと思いました。

やる気はあるのですが、体が反応できないのです。

今までの私は、できないのはやる気がないからだと思っていました。

やる気があっても、体が言うことをきいてくれないとできなくなるのです。

ケガをしたおかげで、また一回り世界が広がりました。

できないときは、できないなりの理由があるのです。

だから、人は助け合うのかもしれません。

私は、もう少し母の手伝いをした方が良いように思えてきました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!