2年ぶりに婦人科健診に行ってきました。10日後の結果待ち。

広告

勇気を振り絞って婦人科健診に行ったのが2017年4月ですから、2年間ほど行っていませんでした。

子宮にポリープができやすいので、1年に1回は見せに来てねと優しく言われていたのになかなか足が向きませんでした。

でも、婦人科系の病気は進行が早いから1年に1回は行かないと・・・とずっと思いなからいたのです。

行くしかない!と思って予約入れました。

予約さえ入れれば行くのです。

思ったより時間もかからず、すぐ診察でした。

2年前の子宮体癌の検査が痛かったのが引っかかっていたんですね。

今回もできるだけ力を抜いて緊張しないようにしている自分を自覚していました。

診察台に乗っている私も超音波検査の様子をモニターで見るように言われます。

先生は、すぐポリープを発見しますが、小さいのでこのまま様子を見ましょうとのことでした。

仕事をしていた時は、毎年、検査のたびにポリープを切除していたので、2年間放置している間にどれだけいっぱいできているか、でっかくなっていないかとビビっていました。

なんと今回は1個も取らなくていいらしい。

でも、このポリープが良性のものか、悪性のものか検査する必要があるということでした。

入り口付近の子宮頸癌および奥の方の子宮体癌の検査のため細胞摂取もされました。

チクリと痛いですよと言われ、構えてしまいますが確かにチクリと痛いんです。でも子どもじゃないので泣いたり暴れたりできず、我慢するのみです。

この我慢が辛いので行きたくなくなるんですよね。

でも我慢するしかないです。

10日後に結果が出ます。

60歳になる直前に結果を聞いてきます。

どんな結果が出てもドーンと受け止めていきたいです。

前回2年前に勇気を出して婦人科検診に行った時の記事はこちらです。

1つ任務完了 婦人科の検診行って来ました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい