膝痛が2ヶ月経っても治らない 整形外科へ行ったけど湿布も貼りたくない

広告

病院嫌いの私がついに整形外科に行くことになってしまいました。

2ヶ月前から痛い右膝が一向に治らず、3日前から寝てる時に疼くようになってきたのです。

止むを得ず土曜日も診察している近所の整形外科へ行きました。

簡単な問診の後、レントゲンを撮る。

しばらく待って、いよいよ診察。

正座して前かがみになってパソコンしたら痛くなったこと、痛いのに我慢しながら草むしりをして悪化したことを話しました。

ベッドに横になり、いろいろ脚を動かしてどういう時に痛いかも診てもらいました。

 

結論、骨には異常ないけど「加齢により」軟骨がすり減っているとのこと。

お医者さんからの、ヒアルロン酸注射を打ちましょうかという提案を拒否。

一応、湿布をもらってきたけど、副作用があるからそれすら迷う。

昔の私だったら、整体行ったりマッサージしてもらったり、湿布はもちろんサポーターして、どうしても痛かったら鎮痛剤飲んで仕事行ってたと思います。

でも、今は、右膝が痛いのは血の巡りが悪いのが原因であることがわかります。

さらに股関節が硬く、特に右側の股関節が開きにくいことや、もっと言えば、左肩のコリが長年続いていて、まだ左腕は綺麗に上に上がらないこと、さまざまな問題を抱えていることが根本的原因とわかっています。

だから、これを機会にもっともっと体のケアをしていかないといけないんだなと自覚しました。

確かに加齢でどんどん衰えていくのは認めるけど、せっかく「痛み」としてサインを出してくれているので、時間をかけて回復するよう全身を整えていこうと思います。

とにかく友達に強く勧められたので、レントゲンだけ撮りました。骨には異常なしとわかりホッとしました。

痛みがおさまったら、膝を守るために苦手な筋トレでも始めようかと思う今日この頃です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!