生まれて初めて「栗ご飯」を炊いてみた。すごくおいしくできてビックリした!

広告

お料理が超苦手なさわこです。

栗をいただき、正直、困ってしまいました。

作り方を調べながら、なんとか「栗ご飯」を作ってみたら、すごくおいしくできてビックリしました。

生まれて初めて作るので、どうせ最初はうまくできないだろうと思い、途中の写真を撮らなかったのが残念で、翌日もう一度残りの栗で1合だけ、また「栗ご飯」を作りました。

栗の皮を剥くのが結構大変

栗をさっと洗ってから、1時間以上水に浸しておきました。

そして、栗のお尻近くを包丁で切り落とし、鬼皮を手でむいてから、包丁で渋皮をむくという手順で、皮をむく予定でしたが、そんなにうまく鬼皮がむけません。

結局、包丁でグイグイ皮をむいていきました。

栗の形は崩れ、大きさもバラバラですが、そんなことは気にしません。

炊き方

ご飯を炊くときに、気をつけることは、米を研いでから1時間くらい浸水させて、塩を小さじ1くらい加えて、混ぜ、溶かします。

普通のご飯の炊き方でOKです。

炊き上がったら、お酒を大さじ1/2ほど全体にひと振りして蒸らすと、酒のコクと風味がプラスされて味に深みがでるそうです。

私は、そこまでレシピをしっかり読まず、塩と一緒にお酒も入れて炊いてしまいましたが、それでも十分おいしかったですよ。

さいごに

「栗ご飯」は、栗の渋みのためにご飯がおこわのようになって、もちもち感が出てくるそうです。

塩加減がちょうど良く、すごくおいしくておかわりしてしまいました。

「栗ご飯」季節感があっていいですね!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!