病気の人はよく病院へ行き、健康な人は病院へ行かない。

広告

病気だから、病院へ行くの、当たり前・・・そう、その通りなんだけど、逆のような気がする。

よく病院へ行くから、ますます体が弱くなっていく。

病院へ行かない人は、健康だから行かないのでなく、行かなくてもいいように気をつけているから、行かないだけなのだと。

病院へ行かないようにするためには、行くよりもうんと努力が必要です。

具合悪い時、鎮痛剤を飲んでしまったら、せっかくの体からのサインを無視して、また頑張らせてしまいます。

熱を出して、自分の免疫力で、菌をやっつける力があるはずなのに、薬の力でやっつけてしまったら、いつも薬に頼らないと直せなくなってしまう。

熱が出たり、痛みがあるのは、危険を知らせてくれているので、無視しちゃいけないんだと思います。

解熱剤で熱を下げたり、鎮痛剤で痛みを感じないようにして、疲れた体をまた酷使する…

疲れたら、休むしかないです。

「休めない」と思い込んでいるから、無理をする・・・過去の私です。早め早めに薬を飲み、熱が出ないようにして、首・肩・背中から腰がパンパンに張るのを仕事帰りに整体やマッサージで対処療法していました。

寝ても疲れていました。常に体が硬くなっていました。

休む。緩める。力を抜く。

スポーツの世界で、もう十分証明されていると思います。

具合悪くならないように、日ごろから気を付ける。

①睡眠

②食事

③運動

④ストレスをためない

侮れないストレス

不安・言いたいけど言えない・イライラ、抱え込んでいたらそれが頭痛や吐き気というサインで出てきます。

嫌だなぁと思っていると本当に具合悪くなります。それを、風邪かな?花粉症かな?と考えがちですが、そこで、お薬を飲んでも意味がないです。

結局、問題が解決しないといつまでも治りません。病院へ行ったって、治りません。自分の中でたまったものを、誰かに聞いてもらって自分の中から吐き出すしかないと思います。そのタイミングが大事です。

体のサインに気づいてあげよう。

今、お仕事バリバリに頑張ってる人や子育て中で常に睡眠不足の人、介護でくたくたの人、そんなときに「無理しないように」と言っても聞いてもらえないし、自分も無理してきた。でも、命より大事なものなんてないし、お金で健康は買えないから、体壊すまで頑張り過ぎないようにしよう(^^)/

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!