「超一流の食事術」を読んで、今度こそ、私はチョコレート依存症を克服し、健康的にダイエットできる気がします。

広告

ヘルスドクター アイザック・H・ジョーンズ著「超一流の食事術」を読みました。

今まで自分がなぜダイエットできなかったのか、なぜチョコレートを食べるのをやめられないのか、わかりました。

私は、この本の中で言われている「シュガーバーニング」そのものだったのです。

「シュガーバーニング」と「ファットバーニング」

「シュガーバーニング」とは、糖質をエネルギー源として使う「糖質燃焼型」の状態です。

それに対して、「ファットバーニング」とは、脂質をエネルギー源として使う「脂質燃焼型」の状態。

人類は、原始時代、狩りで獲ってくる動物や魚、貝類などのタンパク質と脂質を食べ物としていました。食べ物がいつも手に入るとは限らないので、燃料を蓄えてきたのです。

しかし、現代は、食べ物が簡単に手に入るようになり、糖質で燃料を賄うことが可能になりました。

その結果、「シュガーバーニング」になり、糖質が体内に入るたびに膵臓からインスリンがたくさん分泌され、血糖値が上がったり、また下がったり、体が不安定になってしまうのです。

私は、チョコレート依存症

恥ずかしながら、私は、三度のご飯よりチョコレートなど甘いものが好きという異常な状態です。

お腹が空いてなくても、甘いものが食べたくなります。

ご飯を食べ終わった後でも、甘いものが食べたくなります。

中性脂肪もコレステロールも高いです。

体重より、そのほうが問題であることを自覚していて、できるだけ食べないように、 何度もダイエットにチャレンジしていますが、全く続きません。

糖質には、中毒性があり、誘惑が暴走し始めると止まらないのだそうです。

「シュガーバーニング」の体質のままでは、依存症から脱出するのは難しいです。

著者ですら、「ファットバーニング」に戻すのに、21日間のプチ断食が必要だったというのですから、私なんて、本気で体質改善しない限り、絶対「チョコレート依存症」から立ち直れません。

「良いアブラ」を摂れば奇跡が起きる

奇跡を起こすのに必要な条件は、非常にシンプル。

糖質を控え、健康的な「良いアブラ」を摂る。
それだけで疲れにくく、病気を寄せつけず、太らず、健康的で若々しく、しかも脳がクリアに機能するハイパフォーマンスな人生が手に入ります。

「良いアブラ」とは

「良いアブラ」とは、できるだけ加工工程が少なく、自然に近い状態で、古くなって酸化していないもののこと。

具体的には、ココナッツオイルやオリーブオイル、特にバージンココナッツオイルやバージンオリーブオイル、その中でもさらに品質の高いエキストラバージンオリーブオイルが良いそうです。

良いアブラについて、本文中に詳しく書かれています。

アブラの中で、特に大切なのは、体の中で作ることができない”必須脂肪酸”、つまりオメガ6とオメガ3です。

という記述を読むと、家庭科の授業で習ったなぁと思い出す人も多いと思います。

最後に

私が、ダイエットのために、カロリーの高いものを食べないようにしてきたのは、大きな間違いでした。

「ローカロリー、ローファット」を続けていると、満腹を知らせるレプチンというホルモンが減少して、食べても食べても満腹感を得ることができなくなるそうです。

そして、甘いものを食べてしまい、結局、体重が増え、体は弱るという悪循環でした。

これから、真剣に食生活を見直し、糖質を控えて、良いアブラを積極的に摂っていこうと思います。

原因がわかったので、きっと私のチョコレート依存症が直せると思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!