ひとりごと・・・たまには、きちんとしたお洋服着たほうがいいよね。

広告

素敵なホテルでの夕食会に参加するので、張り切って、よそ行きのお洋服を着ようと思ったら、スカートがキツイ。

いつも、ルーズな服ばっかり着ているとダメですね。

最近、太ったことは十分自覚しているのですが、はっきりと「スカートのホックがとまらない」という現実に直面しました。

実際には、ホックをとめることができたのですが、いつはちきれるかわからないという状態で、落ち着きません。

ウエストにゴムが入っているものを着ていると、「ホックをとめる」ということがないので、完璧、油断していました。

結局、そのスカートは、諦めました。

こうやって着れない服というものが出てくるんですね。

実は、初体験でした。

たまには、きちんとしたお洋服を着てみることは、大切です!

 

雅美さんの絵

すみません。

全くのひとりごとです。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!