葉加瀬太郎のコンサートが楽しかった。やっぱり生はいいね!

広告

金沢本多の森ホールで開かれた葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきました。

久しぶりの生演奏に、満席の会場でみんなでたくさん拍手して、手拍子で盛り上げて。

声を出すことはできないけど、一体感が素晴らしく「懐かしい」感覚でした。

葉加瀬さんは、コロナ禍の昨年もずっとコンサート活動を続けていたそうです。

2020年から大きく時代は変わった。
もう少しで終わるから、それまでの我慢だ、というのも違う気がしてきた。
これまでの世の中とは違う、まったく新しい世界が始まったのだと思う。

確かに、新規感染者がほぼいなくなったにもかかわらず、私たちは皆マスクをして、感染対策を徹底し、楽しむためにルールを守る。

今までのように、好き勝手に行動することを控えるようになったので、悪いことばかりでもないように思う。

コンサートがきちんと成立するように、クラスターが発生して大変なことにならないように、一人一人が気をつける。

会場に集まった人全員をノリノリにさせて、楽しませてくれる葉加瀬さんとバンドメンバーの方々はさすが一流のプロなんですよね。

それにしても葉加瀬さんが53歳、バンドメンバーには40代が1名で後は50代60代最高齢は65歳。65歳でもツアーメンバーとして現役で演奏しているって素敵な人生ですよね。

60代はまだまだやれるって思いました。

バイオリンの音色って、いいですよね。演奏を聴いているだけで、さまざまな情景が思い浮かびます。

僕は音楽の力を信じて、演奏で全国の皆様にエールを送りたいと思います。
フレー、フレー、みんな!フレー、フレー、みんな!

ありがとう。コロナと共存しながら、明るい未来を作っていけるように、みんなで協力しあっていきたいですね。

エンタメは、決して不要不急のものではない」とまたまた確信しました。

コンサートはやっぱり「生」が最高です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!