やっぱり生は、いいね!劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』

広告

東京TBS赤坂ACTシアターで、劇団☆新感線の『狐晴明九尾狩』を観てきました。

やっぱり生の劇はいいですね。

主演の中村倫也くん、向井理さん、吉岡美帆ちゃん、みんなとっても素敵でした。

共演している人たちだけでなく、大道具・小道具・音響・照明みんなの力が総結集されて創り上げられる3時間。

不要不急って、なんだろうって改めて思います。

舞台の本番で、観客が満足する演技をするために、どれだけの人が頑張っているのかと思うと、そのエネルギーを受けてパワーをもらえます。

今回、娘が抽選に当選して、「お母さんも行く?」と誘ってくれて一緒に観に行ってきました。

劇団☆新感線は、以前、金沢で公演があった時、申し込んだんだけど、まったくチケットが取れませんでした。

東京TBS赤坂ACTシアターには、初めて行きました。

2階席からはすごい角度で見下ろすので、高所恐怖症の私にはちと辛かったのですが、そんなこと言っていられません。

チケットが取れて、生で観れただけで十分幸せ。

コロナ以前は、よく劇団四季を観に行ったものです。

娘たちも小学生の時に「ライオンキング」や「キャッツ」を観に連れていったのをずっと覚えていてくれています。

今は、オンラインでいろいろ観ることもできるけど、やっぱり演劇は生が一番です。

コンサートなどもそうですよね。

エンタメは、私たちの人生を豊かにするために必要です。

少なくとも私にとっては、大きな楽しみです。

コロナによって、自分にとっての大切なものとそうでもないものがはっきりしてきました。

それから、東京や大阪での公演は、今なら観に行けるけど、もっと高齢になったら行く気力や体力がなくなります。

今回も日帰りで行きました。

宿泊を伴わないと、本当に気軽に予定に組み込むことができます。

60歳以上なので、JRがジパング倶楽部による3割引もありがたい。

楽しめる時に、いっぱい楽しんでおきましょう!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!