能登プチ旅行「 イカの駅 つくモール」から九十九湾遊覧船に乗る

広告

2021年8月30日、夏の終わりのプチ旅行。コロナ禍のため、石川県内で楽しみます。

金沢から車で2時間、能登町に2020年春オープンした「イカの駅つくモール」は、巨大なイカが目印です。

イカの駅つくモール

イカの駅つくモール

〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町越坂18−字18番1
076-874-1399

道の駅内レストランで、「味付き船凍イカ丼」を食べました。

イクラとたっぷりのイカとゴマの風味がマッチして、贅沢な味わいでしたよ。これで税込1000円は嬉しい。

新しくて綺麗な道の駅には地元の特産物もいろいろ売っていて、見ているだけで楽しくなります。

九十九湾遊覧船

イカスミソフトを食べたい誘惑にかられながらも、グッと我慢して、1時間おきに出港する「イカす丸」に乗船。

九十九湾は、能登半島の内浦にできたリアス式海岸なので、波がまったくなく穏やかです。

途中、船底から海中を見ることができました。

写真ではうまく撮れませんでしたが、小さな魚が群れになって泳いでいて、水族館のようでした。

島の名前・・・忘れました。

約40分の船旅は、とっても気持ちよくて最高。

朝、雨が降ったので、少し気温も下がって過ごしやすい日で助かりました。

ケロンの小さな村

帰り、ケロンの小さな村へ寄ってみました。

自然体験ができるおとぎの国みたいな遊び場です。

土日はパンやピザの販売があります。

子どもたちのための体験教室も開催されます。

さいごに

高校の時の同級生と一緒にプチ旅行を楽しみました。

彼女はオモシロイところを見つける天才です。

高校の時もコツコツ勉強する私の横で、全然勉強しない彼女の方がいつも点数が良くて、大学もちゃんと現役で合格して、私は後輩になりました(笑)

今回も「どこかへ行きたいなぁ」という私のリクエストに応えて、「イカの駅つくモールって知ってる?」って。

なにそれ??

いつも私をワクワクさせてくれる素敵な友達。

私は、人生がうまくいかず、自分に自信を失いかけていた時、よく「私にはとっても素敵な友達がいるから、そんな友達と仲良しの私はダメな人間なんかじゃない!」って自分に言い聞かせてきました。

今は、自信を持って、「その通り」って思っています。

友達は何よりの財産です。

今日も楽しい思い出ができて幸せな1日でした。

皆さんは、どんな夏の終わりを過ごしていますか?

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!