日記を書くメリット、デメリット【気楽なおひとりさまライフ】21.6.20

広告

しばらく日記をサボってしましたが、また復活です。

日記を書くメリット、デメリットについてまとめます。

まず、私にとってですが、メリットとして、日記を書くと毎日の生活が「キチンと」してきます。

逆に言えば、日記を書かなかった2週間ほどの間、私は夜更かし朝寝坊が酷かったです。

それからお掃除もサボっていました。

本は読んでいましたが、読み終わって書評を描き始めるのが夜9時過ぎのことが多く、それから3時間くらいかけて結構集中して書きます。

そのせいで、目は疲れ、肩は凝り、翌朝も疲れが残るという悪循環。

午前中はほぼボーッとしてしまうのでした。

もったいない限りです。

そういうダラダラした時に限って、テレビのドラマを見てしまうんですよね。

次に日記を書くデメリットと言えば

めんどくさい。

出た!私のめんどくさい(笑)

毎日、定時にブログ発信されている方のようにしたいのですが、私の場合、いっぱい記事を書く割に、毎日同じ時刻に投稿するということができてないのです。

予約投稿とかすればいいばいいんだと思うのですが、日記の場合、その日が終わらないと書けない気がしてタイミングがつかめない。

そのメリット、デメリットを考えると、デメリットを改善するよう、早寝早起きをちゃんとすれば全部解決できるわけです。

そんなわけで、こんなしょうもない日記を読んでいただくのはホント恐縮なのですが、60過ぎても朝寝坊な情けない人がいるのを笑って、人生楽しくやれればOKとゆるく考えてくださいね。

大好きなケーキ屋さんレムレフの「ラ テール」

読書

6月入ってから、12冊読みました。

この調子で、今月も20冊を目指します。

お掃除ダイエット

金沢も梅雨入りしちゃったみたいなので、家の中の掃除がんばります。

合成皮革ソファーは、メラニンスポンジでこするときれいになる【お掃除ダイエットマラソン】(55)

健太

健太が汚してくれるので、お掃除しなきゃと思えていいです。

さいごに

7月13日に富山へバレエを観に行くことにしました。

それが決まってから、ワクワクしはじめました。

今まで、どよ〜んとしていた気分が飛んでいって、軽くなった。

外へ出るって大事ですね。

家にこもっているのは、もう飽きました。

楽しいことをいっぱいしていくからこそ、元気が出てきて、やらなければならないこともテキパキできるというものです。

それが、停滞していた日記を復活する原動力になったのでした。

めでたしめでたし。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!