記事タイトルは誰に何を伝えたいか、わかるようにつけよう【気楽なおひとりさまライフ】21.6.3

広告

ブログでもユーチューブでもタイトルって大事ですね。

タイトルの付け方で、読者がクリックするか、どうか決まると言っても過言ではないと思います。

昨日、夕食後、テレビを見ながらソファーで寝てしまったら、首が痛いさわこです。

自業自得ってやつですね。

とにかく疲れていたようです。

何をしたかと言うと、毎月のブログ個人コンサルを受けただけです。

ただ、その前に1つの記事を仕上げたくて、焦って頑張っていました。

でも、結局、7割くらいできたところでタイムオーバー。

そのまま、こんなふうに進めていって良いか、確認しながら、コンサルしてもらったので、結果オーライなのですが、時間ギリギリまでなんとか間に合わせたいと思って頑張ったんですよね。

その力が入っている記事が

人生を楽しみたいあなたへおすすめする23冊 -2021年5月に読んだ本-

最初、私が5月に読んだ本って感じのタイトルだったのですが、いろいろ教えてもらって、上記のような素敵なタイトルに変身しました。

そして、何冊か、書評記事を見てもらい、タイトルの付け方を習って修正しました。

記事の内容と同じくらいタイトルも重要です。

なにしろ、タイトルが何を言いたいかわからなかったり、インパクトがなく普通のことが描かれていたりしたら、読者は読んでみようという気持ちになりません。

その通りですよね。

時間は有限です。つまらないものを読むより、面白そうと思うものをクリックして読む、当たり前です。

私の場合、ターゲットが曖昧で、みんなに読んでもらえるようにという気持ちでタイトルをつけるから、結局、誰にも刺さらないということになるようです。(そこまで厳しいことは言われませんけど、自分でそう思います。)

誰に伝えたいか、イメージしながら記事を書く+タイトルを考える

宇宙に向かってつぶやいていた頃は、考えもしなかったレベルに来ていることを嬉しく思います。

つい控えめにつけてしまうタイトルだけど、それではせっかく書いた中身をクリックして読んでもらえないので、もう少しどんな人にどんな内容のことを伝えたいか、わかるように気をつけてみたいです。

私の苦手な”アピール”にチャレンジです。

健太

さいごに

今週の生け花

花材 アレカヤシ、ユリ、ジンジャー、クロトン、セファロフォラ

今日はとても暑く、明日は大雨みたい。

気をつけて過ごしましょう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!