小さなお饅頭1個に「食べる」「食べない」と悩む私は面倒くさい人【気楽なおひとりさまライフ】21.5.18

広告

ちっちゃいお饅頭1個を「食べない」と言って、「面倒くさい子」だねぇと笑われたさわこです。

ダイエット中だから「食べない」と言ったり、ちょっとだけなら「食べる」と言ったり、コロコロ変わるので、友達は混乱しますよね。

しかも、「食べない」と決めたら、一切「食べない」方が楽なんだ、とか、私が前日本を読んでいきなり決心が変わったことなど知らないですからね。

とにかく、一緒に食べようと思って出したものを頑固に「食べない」と言われたら、ハァ〜?ってなりますよね。

そして、「こんなもの1個食べて何が変わるん?」って本音が。

そうなんです。

その通りなんです。

お饅頭1個食べてもその後、運動したり、夕食のご飯の量を調整したりすれば済むことなのです。

でもね、こういうことをずっと続けてきたんですよね。

人前では「普通」にしていて、陰で「努力」する。

いまだに変な人に思われたくないんですよ。

母なんて、朝ごはんを食べないと言った私に、「そんな生活していたら体壊すぞ」と言い、食べるのが当たり前と強要しました。

そして、食べるようになった私は、次は食後に和菓子を食べてお茶を飲むという母に合わせるようになり、だんだん食後は何か甘いモノを食べないと物足りなくなっていったのでした。

いったんそうなると止まらないんですよね。

でも、そのことがきっかけで「糖質制限」を意識し始めたわけですから、結果オーライですけど。

私に「こんなもの1個食べて何が変わるん?」と言う友達は、本当にしっかりした人で、朝起きる時間も食べるものも全部自分で調整できると言います。

自分でこれくらいにしておこうと思ったら、すべてコントロールできる素晴らしい人なのです。

そして、「なんで、0か100かなのか?」「面倒くさい人だねぇ」と続くのです。

責めているのではなく、笑っていて、「大変だねぇ」って感じで慰めてくれる年上の方。

私は、自分がやっぱり「フツーじゃないな」って思います。

今度、別の友達とおいしいケーキ屋さんへ行く約束をしているので、今、お饅頭を食べないでおこうと思ったのです。

でも、こんなとき、本当はどうすればよかったのかなとずっと心に引っかかっています。

やっぱりこんな気持ちになるのなら、お饅頭1個くらい食べちゃえばよかったのかも。

こんなつまらないことを長々とブログに書いている私は、本当に「面倒くさい人」だと自分で自分のことを笑い飛ばしたいです。

読書

「基本」が身についていると、その組み合わせを変える「応用」は簡単なんですね。

さすが伝説の家政婦。

1分で決まる! 志麻さんの献立の作り方by伝説の家政婦によるメインの調理法+つけ合わせ レシピ集

お掃除ダイエットマラソン

優れた道具を持っているのですが、それを出したり片づけたりするのがちょっと面倒でやってなかったんですよね。

玄関(3)三和土の水拭きはホーキィで【お掃除ダイエットマラソン】(46)

健太

夜だけゲージの中に入って寝ます。

朝、オシッコしたら出してもらえる。

さいごに

今週の生け花

花材 グラスペディア、珊瑚パイン、デルフィニウム、ギボウシ

パイナップルの形をしたお花で、パイナップルの部分が赤いので「珊瑚パイン」という名前です。

これがかなり重くて、気づいたら、倒れてました。慌てて生け直し。

頭でっかちだとダメなんだね。

私ももっとドーンと地面に足をつけて、堂々としていよう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!