夜中に『52ヘルツのクジラたち』を一気読み【気楽なおひとりさまライフ】21.4.29

広告

2021年本屋大賞を受賞した、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』を読みました。

かつて虐待を受けていたた主人公が、同じように虐待を受けている少年と出会い、心が通い合うまでのデリケートな描写に惹きつけられ、夜中までかかって一気に読み続けました。

母親に愛されなかった経験は、ずっと負を引きずります。

結局、恋愛でも周りを傷つけるような形になり、結果的に自分もぼろぼろになってしまう。

それでも、友達に助けられ、同じ苦しみを背負う少年を支えることを通して自分も支えられ、もう一度人生を歩み直す勇気を受け取ることができて、読み終えてホッと胸を撫で下ろしました。

ずっと、実用的な本ばかり読んでいたので、こんなにどっぷり小説の世界にはまり込むのは久しぶりです。

でも、こんなふうに心が揺れ、心配したり、ホッとしたりしながら擬似体験するのは楽しいなと改めて思いました。

声を出しているけど、仲間のクジラとは周波数が合わず、互いの声を聞き合うことができないクジラ、それは人間世界でもいくらでもあることです。

私自身、孤独感を味わってきた経験があるので、周りに人がいるけど、心が通いあわない寂しさは辛いものを感じます。

でも、今思えば、自分に余裕がなかったからかもしれないし、人を信頼することができていなかったからかもしれません。

自分は一人ぼっちじゃないんだって、とっても大事な自信です。

そんな優しい気持ちを湧き上がらせてくれる良い作品だったと思います。

話題作だから、とミーハー的に読んでみましたが、やっぱり受賞するだけあるので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみられたらいいと思います。

読書

よく頑張ってきた人は、もうこれ以上頑張るのをやめた方が上手くいくのです。

なんか勝手に人生がよくなる やめることリストby 本田晃一 「がんばる」を捨てればうまくいく

お掃除ダイエットマラソン

いつも拭いていますが、たまには「磨く」くらいきれいにするのもいいですね。

キッチン(2)流し台を磨く【お掃除ダイエットマラソン】(30)

健太

1日中、雨降りでお散歩行けないね。

さいごに

障害をもつ人が働くハスネテラスというお店でランチしてきました。

日替わりランチ、うどん付きです。

こちらのケーキがとっても美味しそうで、思わず買いたくてってしまいましたが、グッと我慢。

駐車場のところの花壇もとってもかわいい。

障害を持つ人たちが働ける場があるのは、元養護学校教員としてはとても嬉しいことです。

ハスネテラスについては、私の姪がブログに書いているので、興味がある方は覗いてみてください。

【ハスネテラス】夫の誕生日ケーキ購入/障がい者支援事業所/ワンちゃんとお食事OK

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!