大倉くんのドラマ「知ってるワイフ」が面白い【気楽なおひとりさまライフ】21.3.12

広告

大倉くんのドラマ「知ってるワイフ」にハマっているさわこです。

ずっと前、関ジャニ8の番組で太鼓の達人をやっていた時から大倉くんかっこいいなぁって思ってました。

わかる人、いるかな?

過去にタイムスリップして、違う選択をしたら違う人生になるというはずなんだけど、そこがなかなかうまいこと行かないんですよね。

結局、僕は出会った人をみんな不幸にしてしまう・・・って悩む大倉くんがキュンとします(笑)

おばさんまでワクワクするんだから、イケメンってすごいですよね〜。

来週が最終回です。

録画して絶対見逃さないようにしなくっちゃ。

フジテレビ「知ってるワイフ」

片づけ・掃除

今週の生け花

花材 ミツマタ・バラ・ルスカス・ブルースター

ミツマタの花がオバケみたいって言ったら、先生がガッカリしていました。失礼なことを口に出してしまった。

バラがかわいいです。

ブルースターは茎の切り口部分から白いねっとりした液体が出てくるので、手につかないように気をつけないといけません。

読書

『自分らしく、ひとりで暮らすということ』は、10人のひとり暮らしをしている素敵な女性を紹介している本です。

すでに著書を読んでよく知っているショコラさんやcoyukiさんなども載っていて、興味深く読みました。

どの方も自分の荷物が本当に少なくて私とは大違いです。

余計なものを抱え込まず、スッキリ暮らしているところを真似していきたいなぁ。

健太

4月のような陽気で、久しぶりに鉄棒で腕立て伏せや斜め懸垂をしてきました。

気づいたら、健太、自分で苦しい状況になってた。

さいごに

毎日、どんどん娘夫婦の家ができていくのが楽しみです。

父も30年前、私の家を自分の家のそばに建てるのを喜んでいたんだろうなと思います。

一応、娘に「お母さんの家のすぐ近くに家が建つのは嫌じゃないの?」と聞いたことがあります。

「お母さんはおじいちゃんが干渉してくるのが嫌だったから」と以前から伝えてあったので、娘はどう思っているのか、心配だったのです。

ところが、娘は、自分が住んでいた家があったところに、新しく自分の思い通りの家が建つので嬉しいそうです。

そして、「お母さんはおじいちゃんみたいにうるさいこと言わないから、別になんともないよ」とのこと。

ただし、一応念のため確認した二世帯住宅については「それはないわ」とバッサリ(笑)

私も、速攻で「そうだよね」と言いました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!