もっと捨てたい【気楽なおひとりさまライフ】21.2.7

広告

また雪が降りました。

立春を過ぎて、少しずつ春になっていくんだなぁと心がほんわかしていたところに、まだまだ気を緩めるなよと警告された気分です。

せっかくいい気持ちになっていたのになぁ。

でも、三寒四温というのですね。

何回か、寒さがぶり返しながらも確実に春に近づいていくのをずっと経験してきました。

関東の方ではすでに2月4日に、例年より18日も早く「春一番」が吹いたのですね。

金沢も雪が降っても、全然つもる感じはありません。

何かが「冬」とは違う。

このままコロナの終結に近づいていってくれたらいいですね。

読書

マキさんの『なくす家事』を読みました。

  • 昭和の主婦は「手を抜かずに家事をする完璧な主婦」
  • 平成の主婦は「仕事と家事を両立するハイパー主婦」
  • 令和の主婦は「効率的な家事で心にゆとりを持つ主婦」

だそうです。

「完璧」も「頑張り」も否定して、「楽をして、効率的にやる」ことを堂々と主張できる世代って、強いなぁと思います。

私なんて、主婦失格だと落ち込むことが多かったけど、今の時代だったら、イケるかもしれません。

これからは、いかに楽をしてうまくやるかが大事ですよね。

見習いたいこと、いっぱいありました。

なくす家事byマキ 暮らしのムダをなくしてシンプルに 面倒なことは「しない」

片づけ

ついに家中の棚卸し作業を完結しました。

ほんと言うと、完全には終わっておらず、やってない部屋があるのですが、そこはおいといて・・・。

とりあえず、一通り、家の中のどこに何がどれだけあるのかがわかりました。

これからは、そのモノたちともっと向き合って、本当にこれからもずっと必要なのか、考えて減らしていきたいです。

まだまだ先ではありますが、75歳になったら(今から14年後)母のようにサービス付き高齢者向け住宅に入る予定なので、その部屋におさまる分しか持っていけません。

毎年、1割ずつモノを減らしていけば、ちょうど良いのでは。

それに、もしかしたら明日死んでしまうかもしれないし。

そんな覚悟で生きていたら、きっと私の「これから」って楽しいことだらけだと思う。

自分も周りの人たちも幸せになるように、いつも笑顔で暮らしていきたいです。

納屋と勝手口も棚卸しして、とりあえず家の中に少なくとも1769点のモノがあることがわかりました。

家中まるごと棚卸し 部屋別もちもの数の把握(11) 「 納屋&勝手口」編 125点で終了

あと、仏壇周辺に古いモノがいろいろ、不動産関係の書類がたくさん、着物類がタンス2本分、あります。

そこは、今回、立ち向かう勇気が出ませんでした。

今後の大きな課題です。

健太

私の姿が見えるところにベッドを持ってくる子。戸を開ける時、ちょっと邪魔なんだけどね。

さいごに

できるだけ週2回の燃えるゴミの日は、45ℓゴミ袋にいっぱいのモノを捨てるようにしています。

今回も昨日、処分することにしたワゴンを分解して入れました。

まだ少し隙間があると思うと、ケチな私は他にまだ捨てるモノはないかなと探し始めます。

狙いを定められたのは、娘が置いていった靴。健太のお散歩の時に履いていたようですが、最近は履いているのを見たことがない。きっと捨てても気づかないだろう。捨てちゃえ。

私の家に忘れ物をするとすぐ捨てられるのでキケンです(笑)

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!