「1日を1000分の時間予算と考えよう」by勝間和代【60代の楽しい暮らし】2020.11.22

広告

勝間和代さんがYouTube動画で「1日を1000分の時間予算と考えよう」と言っていました。

起きている時間の使い方を、1時間単位ではなく分数単位で予算を割り振ると、時間の無駄遣いが少なくなるというのです。

勝間さんって頭がいいですよね。

私にはこういう数学的思考が欠けています。

1日のうち寝る時間を8時間とすると残りは16時間。

1時間=60分をかけると16×60=960分

この960分=約1000分をどう配分するか、ということです。

そう思ったら、8時間働いている人はそれだけで480分、移動時間を合わせると50%以上使ってしまっています。

いつも「1時間ほどボーッとしてた」とか、「二度寝して1時間30分ムダにした」とか、平気で言ってる私は、6%何もせずに過ごし、約1割もの時間を追加の睡眠に費やしているのです。

朝の15分は貴重だけど、夜の30分は平気でダラダラ過ごします。

これをお金だと思うとすっごい無駄遣いそのものですよね。

私なんて、毎日、両手からお金ポロポロ無くしていることになります。

二度と手に入らない「今」という時間をお金に考えてみるとケチな私は「実にもったいない」と思えてきました。

時間はお金と違って貯めることはできないから、精一杯「上手に使う」ようにしたいです。

早寝早起き

23時30分就寝、6時30分起床。

夜寝るのが遅すぎました。

でも明日は、朝6時からオンラインで朝コーチングがあるので早起きします。

ダイエット

ビストロで「焼き芋」作れます。

今日は、少し離れたところの神社に鉄棒があったので、そこで筋トレしましたよ。

  • 鉄棒で斜め腕立て伏せ
  • 鉄棒で斜め懸垂
  • ストレッチポールで腹筋・・家へ帰ってから
  • スクワット

10回×3セット

暑くなって1枚ずつ脱いでいくという・・・。

読書

ミニマリストタケルさんの『月10万円でより豊に暮らすミニマリスト整理術』を読みました。

4年間で年収1000万円まで成長したタケルさん。

なんだか自分の息子が頑張っているのを見守るような感覚で応援したくなります。

月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術byミニマリストTakeru モノが少なくなればもう片づけ術はいらない

1日1捨

冷蔵庫の中に賞味期限切れのモノなんてないと信じ込んでいたのですが、ありました。

白味噌、すっかり忘れ去られていました。

奥の方までしっかり確認しなきゃダメですね。

年末までに、どんどんいろいろスッキリさせていきます。

【1日1捨】 60代からの本気の片付け 2020年11月の記録

ときめくお掃除

スタジオのトイレの手洗いボールのお掃除をしました。

ここは、排水口の蓋が取れにくいのです。

ある程度、引っ張り上げて、そこで少しずらすと外れます。

中が随分汚れているのです。だから排水口周りも汚れる。

縁の部分まできれいに洗えてスッキリしました。

健太

今日もまたおか-さんの鉄棒に付き合わされました。

ボク、嫌なのに、いろいろ写真撮らされる。

さいごに

「やらないことリスト」10個あっても結局全然守らないので、3つだけにしました。

1週間パーフェクトにできたら殿堂入りにして、次のステージへ進めることにします。

悪い習慣をなくすときは、ゲーム化して楽しんでやるのが良さそうです。

約束の時間に
遅れない
夜9時以降
電子機器を触らない
余計な心配
をしない
18
19××
20××
21××
22

今日は余裕を持って過ごせました。

殿堂入り

  • 1km以内の場所は車に乗らない ○
  • 夜8時以降は食べない ○
  • 運転中&歩行中、スマホを触らない ○

築30年のお家がすっかり更地に。

水道だけ残してあります。

工事の時、必要だったからです。

次は、来月から娘夫婦の家を建てるための地盤改良が始まります。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!