断食の後のリバウンドなし この調子でいこう【気軽なおひとりさまライフ】2020.9.13

広告

断食をして体重も体脂肪率も減った翌朝、ドキドキして測定しました。

結果は、キープ。

間違いじゃないかと心配になるくらいでしたが、とにかく現時点でのとっても良い数字をキープできたのは素晴らしい。

人間って、良くなるとそれを下げたくないんですよね。

そんなわけで、今日も粗食に努めて、キープを狙っています。

明日の朝、またドキドキして体重と体脂肪率を計ります。

今日の夜の段階では結構いい数字なんだけどな。

ダイエット

今朝の体重は50.7kg(昨日と同じ)、体脂肪率は26.1%(昨日と同じ)

断食効果をキープできたことはとても喜ばしい。

今日は、ずっと雨が降っていて、健太の散歩は小雨の中を10分くらいしか行けませんでした。

その分、家でヨガをしたり、ストレッチボールに乗ったり、肩甲骨を動かす運動をしたりして頑張りました。

ダイエットの記録 9月

読書

ワタミ社長渡邉美樹さんの『コロナの明日へ』を読みました。

経営者として常に時代の流れを読みながら、決断して突き進んでいく姿勢がすごいと思います。

「時代の終わり」にきちんと対応していくということの例として、富士フィルムのことが書かれていました。

富士フィルムは、写真フィルムの時代が終わることに対応して、デジカメや医薬品・化粧品に技術を転用して、見事に「時代の変化」を乗り切りました。

一方、ライバル企業だったコダックは、生き残ることができず倒産しました。

経営者は生き残るために、誰よりも時代の流れを読んで決断しなければならないのですね。

その決断が一瞬でも遅れたら、命取りになります。

社員もその家族も守っていかなければならないから。

ワタミは、いち早く中国本土の市場から全面撤退を決めました。

でも、いずれ復活するために、今は一度引いて、世界情勢を見極めて、最適なタイミングで再チャレンジした方が大きな成果が見えるという読みからだそうです。

それを2月初めに決断したというところが経営者としての勘とすれば、ますますすごいとしか言いようがありません。

日本ではまだコロナの経済的影響がここまでひどいと認識できていませんでしたよね。

あの山中教授でさえ、2月にマラソン走っていたくらいですから。

私なんて2月はハワイへ行って浮かれていました。

そんな頃、渡邊さんはカンボジアから帰国する飛行機でマスクが配られていたことに敏感にコロナウィルスの脅威が世界を遅い始めていることをキャッチしたのでした。

経営の悪化をコロナのせいにしたり、国の対応のせいにしたりしていては行けないという考え方が経営のプロとしての意識の高さなんだなと思います。

ここに中途半端に書いていないで、ちゃんと書評としてまとめてみたいです。

ときめくお掃除

引き出しの中の整理をしていて、使っていない電卓を処分しました。

愛用していた電卓を捨てる【思い出のモノの断捨離】

健太

今日はずっと雨で散歩に連れて行ってあげられずにいたら、ちゃんと玄関でウンチしていました。

以前飼っていたポメラニアンの「くりこ」は、散歩に行かないとウンチをしない子だったので、雨のひも雪のひも散歩してければならず辛かったです。

その点、健太は、外へ出れない日はテキトーに家の中でウンチしてくれるので助かります。

ちゃんとおしっこシートでウンチするお利口な子もいると思いますが、うちの子は玄関や廊下へ行ってします。

うちは健太の家で、私はその同居人です(笑)

さいごに

今日、また娘夫婦の家づくりの打ち合わせに付き合わせてもらいました。

娘が語った夢を家という形で設計して間取り図やイメージ画を描いてくる一級建築士さんって、ホントすごいなと思います。

かなり予算オーバーになるようですが、二人がどう判断するか、楽しみです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!