汚いトイレも感染源?【気軽なおひとりさまライフ】2020.7.28

広告

コロナ感染者数が増え続けていますよね。

若者中心で、無症状や軽症の人がほとんどだから、コロナに感染しても大したことないよねって思う人もいると思います。

でも、重症になる高齢者の人数はやっぱり増えているようです。

それにしても、どうして夜の街って感染源になるのかなぁって不思議でした。

その答えと考えられることが、本田健さんと大阪大学 臨床遺伝子治療学寄付講座教授  森下竜一教授の対談で話されていて、ハッとしました。

コロナに感染した人は、熱が出る他に下痢の症状がある人もいるそうです。

森下竜一教授は、外出先で汚いトイレには入らない方がいいですよと勧めていました。

お店の中でせっかく対策していても、トイレで感染するということもあるかもしれませんね。

ドアノブだけでなく、便器や床にもウィルスがついていて、洋服や靴につけたまま帰ることもあると思います。

お酒を飲んで酔っ払っている人が30秒の手洗いをきちんとしているか、わからないですよね。

どんなところが危険なのか、わかると避けることができます。

クラスターが出た業種で、対策をしっかりとっていないお店は店名を公表するというのは良いことだと思います。

社会全体で高齢者や持病がある人を守っていきたいですよね。

早寝早起き

24時就寝、7時起床

運動

健太の散歩1回

雨が続いていてなかなか散歩に行けません。

読書

無印良品の元商品開発担当者 水谷妙子さんの『水谷妙子の片づく家 余計なことは何ひとつしていません。』を読んでいます。

ときめくお掃除

スタジオにお花を生けました。

花材は、野バラ・リンドウ・ナデシコ・マリーゴールド・葉蘭です。【左盛体】

母の家の玄関には

利休草・トルコキキョウ・バラ・かすみ草【懸成体】

健太

クッション、返してほしい。

さいごに

いつもの夏はどんなふうに暮らしていたっけと考えてしまうような不思議な2020年。

旅行が楽しみで、いつも出歩いていたけれど、今は基本的にステイホーム。

そう言えば、去年の今頃は左手骨折してギプスして大変だったんだと思い出したら、普通に両手が使えていることがありがたく感じられてきました。

ケガしたことは本当に痛くて辛かったけど、良い経験だったと思えます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!