「ちゃんとしなきゃ」から脱却し、マイペースでできることをするしかありません【気軽なおひとりさまライフ】2020.6.13

広告

寝不足の日があると疲れます。

眠くてお風呂も入らず寝てしまいました。

そう言えば、昔はよくソファーの上で寝てしまって、夜中に起きて洗い物してからお風呂入って寝ていたなぁと思い出しました。

悪循環だったんですよね。

いつも疲れて不機嫌だったわけです。

昨日は自覚できていたので、洋服を着たままでしたが、ベッドへ移動し、結局朝までグッスリ寝ました。

「もうひと頑張り」を手放し、諦めることが大事だと悟る今日この頃、しっかり61歳です。

健太のトイレ、いつもお風呂場で洗っていましたが、今日は洗面所で洗ってみました。

こんな汚いモノを顔を洗う洗面台で洗うの?と引いていく方の気持ちが感じられます。

それって私自身の考えなのです。

でも、「面倒くさい」と私の本当の心が言っています。

だから、私が歯磨きして顔を洗う洗面所で、私の健太のトイレを洗います。

汚れものをここで洗ったっていいじゃないですか。

私がいいって言ってるんだから、いいんですよ。

ひとり暮らしだし。

私が良ければそれでいいんですよ。

気持ち悪いって思われた方、ごめんなさい。

私は見えないところでテキトーに手抜きして、楽に暮らすことに決めちゃったんです。

ペーパータオルで拭いてしばらく除湿機で乾かします。

早寝早起き

22時半就寝、7時起床

運動

午前中、雨のため、健太の散歩1回

読書

なぎまゆさんの『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました』を読みました。

漫画なので、一気に読めました。

すぐ書評書きますね。

ときめくお掃除

井田典子さんの『心、お金、時間の巡りがよくなる「暮らしのサイクル」の作り方』の夏の暮らしの部分を読んで、下駄箱の掃除をしました。

消臭剤の代わりに重曹を入れ、サングラス等の夏の小物を置き、郵便物の仕分け用の雑紙入れも置きました。

下駄箱には靴を入れるという先入観をぶち壊し、収納空間にして快適に過ごします。

梅雨前にやっておくべき家仕事は、下駄箱の掃除 心、お金、時間の巡りがよくなる「暮らしのサイクル」の作り方by井田典子

健太

雨降りの日はベッドでだら〜っとしてます。

さいごに

夜寝る前にその日の日記を書ければいいんだけど、なかなか書けなくて、翌日に書いてます。

でも、できればその日のことはその日のうちに完結するのが理想。

またうまくいってない早寝早起き、永遠の課題だわぁ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!