60歳超えたら、一人で頑張らない【気軽なおひとりさまライフ】2020.6.15

広告

結構長い間、一人で頑張ってきた気がします。

「助けて」とか「手伝って」ってなかなか言えませんでした。

最近になってようやく「お願い」することが得意になってきました。

自分にとって、できることとできないことがわかってきたのかもしれません。

そして、自分がかなり弱い人間であることも自覚できてきました。

実は、ずっと自分のこと「しっかりした人」だと思っていたのです。

違っていました。

「しっかりした人」にならないといけないと思い込んでいたのです。

失敗すると反射的に叱られると思い、ビクビクしてしまいます。

北陸新幹線で途中駅の長野で降りないといけないのに、うっかり通過してしまった時なんて、「わ-、お父さんに怒られる」って思っちゃいました。

そして、「あっ、お父さん、もういないんだった」と胸をなでおろしたのでした。

こんなビビりな私は、娘にもよく怒られます。

きっとこれからもみんなに助けてもらいながら生きていくのでしょうね。

ありがたいことです。

姉と義兄さんのおかげで、ゴミ屋敷だった納屋がスッキリしました。

早寝早起き

23時就寝、5時半起床

運動

健太の散歩2回

読書

なぎまゆさんの『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました』を読みました。

「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりましたbyなぎまゆ 「大雑把」な人でも片づけられる

ときめくお掃除

納屋に集めた大量のゴミを姉と義兄さんに捨ててもらいました。

before

after

素晴らしい!

健太

新しく買ったベッドはちょっと小さめなので、顎をのっける感じで寝てる。

上から見ると

さいごに

今日は実家の大掃除をとっても頑張ったので、夕方、健太のお散歩に行く前にエクササイズのリングが完成していました。

掃除は良い運動になります。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!