1日分、日記をサボった弁解【気軽なおひとりさまライフ】2020.6.7

広告

6月6日の日記をサボりました。

朝から忙しかったのは事実ですが、それ以上にまた不思議な出来事が起こっていたからです。

今回、少し間を空けてまたGoogle Discover砲が命中しました。

今までは実家の片づけシリーズが好評で選んでもらっていたのですが、今回は布団の断捨離記事です。

押入れの中の布団を捨てる【古いモノの断捨離】

私にしたら、別になんでもない記事で、どちらかと言えばササッと思ったことを呟いただけ、わずか10分で書き上げた記事でした。

そんな記事を14,000人もの人に読んでいただけたことに、正直、驚いています。

そして、この記事だけじゃなくて関連記事として下の方に載っていた記事もいっぱい読んでいただけました。

どうしてこんなことが起こったのだろうと、また客観的に分析してみました。

Discoverの記事を選んでいるのは、多分GoogleのAIだと思うから、私のあの短い記事の中に何か、反応する要素が入っていたのだと思うのです。

そして、それを読んでくださった人の心にも響いたのだと思うのです。

私の記事の中でDiscoverに選ばれる記事と選ばれない普通の記事を比較してみると、選ばれる方の多くは「私が母のことを思って書いたもの」です。

今回も、自分は羽毛布団を使っていて暖かいから毛布を使っていない。でも、母は昔と同じようにたくさんの布団を重ねていて、実家には布団がたくさんある。母にも羽毛布団を買えば良かったなぁと思ったその気持ちを表しました。

私は時代に適応して便利な暮らしをしているけど、88歳の母は昔からのやり方をなかなかやめられません。

私は途中で無理強いするのをやめて、母と距離を置いてしまったけど、それで良かったのかなぁという思いが残ります。

そんなモヤモヤを書いただけなのですが、その正直な気持ちを出したことが多くの人に共感していただけたとすれば、それだけ多くの人がお父さん・お母さんのことを考えているという現実なんですね。

現代の大きな問題だと思います。

これから私が母とどんなふうに過ごしていくか、とても大事なことだと思っています。

早寝早起き

24時就寝、5時半起床

早起きして6時からのオンライン朝コーチングに参加しました。

運動

足が治ってきて、健太の散歩2回

読書

出口治明さんの『還暦からの底力』を読みました。

定年という概念を否定する考え方、とってもいいと思います。

ときめくお掃除

実家にあった父の賞状を処分しました。

自分のモノを娘に後始末させる父は、これを見せたかったのかなぁ。

はっきり言って、「面倒くさい人やなぁ、自分のモノは自分で始末しろよ」と思いながら片づけました。

健太

さいごに

小松の河田ふたばへ行って、メロン大福を買ってきました。

完熟メロンだったので、メロンだけで食べた方が美味しかったかもと思いました。

やっぱり「いちご大福」を超えるものはないですね。

娘が食べたミカン大福もミカンが丸ごと入っていて、オーソドックスな豆大福の方が美味しかったって言ってました。

やっぱり安定思考で、定番が好きな親子です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!