施設入所希望をケアマネージャーさんに相談できて、一歩前進【気軽なおひとりさまライフ】2020.5.29

広告

ずっと先送りにしてきたことが一歩前進しました。

母の施設入所の申し込みの件です。

介護認定どころか、要支援にもなっていない母なので、有料老人ホーム以外に入れるところがないんだろうなと思いこんでいました。

そして、自立して家で好きなように暮らしている母に施設へ入るよう勧めるのにも抵抗がありました。

実際、家が気楽でいいと言っていましたし。

夜中に大音量でラジオを聞いている状態では、他人との共同生活は難しいようにも思えました。

以前、私が同居していた時、あまりに音がうるさいので注意したら、夜眠れないから仕方ないとの返事で諦めました。

父はイヤホンをして夜ラジオ聞いていたんだけどなと思い出しました。

その頃、きっと母はラジオがうるさくて眠れないと父に言ったのでしょうね・・・。

話がズレました。

病院は面会できないので、退院後のことを相談するため、電話して病院のケアマネージャーさんに事情を話し、病院からそのままリハビリ施設へ移れるようお願いしました。

私は子宮系の病気が心配なので介護が難しいことを100倍くらい事実を誇張して説明してしまいましたが(笑)

でも、親友がお母さんと同居した後、乳がんを再発してお母さんより先に亡くなってしまったことがずっと心に引っかかっているのです。

私にとって、一番大事なことは母を最後まで面倒見ることと思っています。

母は私より精神的にたくましい人だから、私が長生きしなければ!

まずは、病院のケアマネージャーさんに、具体的にお願いできたことを大きな一歩と考えたいです。

IHヒーターの前で母はよく椅子に座っていました。

早寝早起き

24時就寝、7時起床

運動

健太の散歩1回

読書

『嫌われる勇気』の書評がまだ書けないのに、次の本をサクッと読んでしまいました。

こういう本は軽く読めていいですわ。

ときめくお掃除

実家の大掃除シリーズ、お気に入りのシステムキッチン編です。

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 システムキッチン編 高齢者には引き出し収納が便利

健太

オキシトシンと呼んでいます(笑)

さいごに

実家のキッチンの大掃除をしてから、夕方、アパート花壇の草むしりもしました。

だんだん暑くなってくるので、日中できず、夕方の作業になります。

本業の大家さんも忙しいです!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!