人生の時間の3分の1を占める睡眠を甘く見ないでいこう【気軽なおひとりさまライフ】2020.5.12

広告

今度こそ念願の早寝早起きができるかもしれないとワクワクしています。

今までの人生で何回も何十回も何百回もチャレンジして結局身につかない早寝早起き。

どれだけ自分の心の弱さを反省し、自信を無くしてきたことか・・・。

そして、私はやっぱり夜型なんだと開き直ってみるものの、やっぱり朝や午前中の効率の良さは夜の2倍以上は確実です。

早く寝るためと睡眠の質を良くするために、夕食を寝る2時間前までに食べ終わる&入浴を寝る1時間前までに済ませるを実践していく覚悟ができました。

生きている時間の3分の1を占める睡眠です。

残りの3分の2の時間を支える重要な要素であることは間違いないです。

今、夜中に2回くらい目が覚めてしまう毎日です。

以前、教員の仕事をしていた時は、死んだように眠り、朝まで一瞬でした。

それが良かったというわけではなく、いつもストレスいっぱいで睡眠不足だったと思います。

体が疲れ切っていたのですね。

今は、疲れなさすぎ?

年齢的なものも認めざるを得ません。

朝起きたらすぐカーテンを開けて、朝日を浴びること。

できるだけ早く、朝散歩すること。

ゆっくり朝食を食べること。

その3つができるようになったら、きっとこれからの人生がもっと楽しくなる気がします。

予想以上に良い本を読んで、やる気が出ました。

『最強の睡眠』by西川ユカコ 夜中に何度も目が覚めてしまう私がハッとした3つのこと

早寝早起き

24時就寝、6時起床

運動

健太の散歩2回

読書

Kindle版で読みました。

紙の本が好きなのですが、Kindle版の方が読みたいと思ったらすぐダウンロードできて読めるというのも魅力だなと思っています。

『最強の睡眠』by西川ユカコ 夜中に何度も目が覚めてしまう私がハッとした3つのこと

ときめくお掃除

玄関にお花を生けました。

紅かしわ・ひまわり・カーネーション・都忘れ・シャガ・カキツバタ・ギボウシ【今週の生け花】2020.5.12

健太

あれっどこ行ったんだろと思ったら、カーテンの中から出てきました。

さいごに

コロナの緊急事態宣言が解除される目安として重要なのが、医療崩壊しないということ。

そういう意味では、老人病院でクラスターが発生してしまった石川県は治らない患者さんがたくさんいるのか、コロナ専用の病床の8割が埋まってしまっています。

この状態でまたどこかでクラスターが発生したら、即、医療崩壊になりかねません。

つくづく県知事が「都会の皆さん、気晴らしに石川へ観光へきてください」と言ったことが愚かだったかと思います。

油断というか、グローバル感覚なさすぎの石川県ですよね。

北陸新幹線ができて、浮かれすぎていたのかもしれません。

観光客がいない金沢は静かです。

これからどんなふうに立ち直っていけるのか、私は観光客目当てのお店じゃなくて、地元の人を大切にするお店を応援しています。

心味のテイクアウトお弁当がおいしい 新鮮野菜サラダ付きで超ヘルシー

一足早く緊急事態宣言が解除される県の皆さん、羨ましいです。

引き続き、気を緩めず、コロナに負けない免疫力で頑張っていきましょう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!