嫌なことが起きた時、どうやって対処していけばいいのだろうか【気軽なおひとりさまライフ】2020.5.5

広告

今、この困難な状況を乗り切るために、いろいろなことが試されていると思います。

昨日の日記を昨日書けず、今日5月6日になってようやく書いています。

朝、結構良い気分で犬の散歩をしていたのに、家に帰って新聞のチラシを見た途端、気分が落ち込みました。

チラシが大量に家に入ってくるのが嫌で、地元紙ではなく日経新聞をとっています。

そのため、普段はほとんどチラシが入ってきません。

今朝、入ってきたのは、金沢の夜の中心街 片町に居酒屋がオープンするというチラシでした。

キタノイチバという大手チェーンの海鮮肉酒場です。

営業時間がPM5時〜AM5時というので、驚きました。

「特定警戒都道府県」としてこれからも厳重に自粛体制をとって、医療態勢が崩壊しないように、石川県民みんなで頑張っていかなければならない時に、本当になんということをしようとするのでしょうか。

5月7日元気にOPEN‼︎という文字が恨めしいです。

小さく、自粛要請のため営業時間が変更になる場合がございます。あらかじめご了承くださいと書いてあるものの、私の中のムカムカした怒りが収まりません。

こんな時、自分は何ができるのか、どうしなければならないのか、悩みます。

嫌な情報は無視するというのも一つの手だとは思うのですが、そこがクラスターになって、金沢市内にコロナウィルスが蔓延したらどうするんだ、私は自分も家族も免疫力が弱い病気の友達もみんな守りたいです。

これは、神様からのお試しかもしれないと思いました。

私は、荒れた中学校に勤めていた時、不満いっぱいで反抗する生徒たちに対し、抑えることも寄り添うこともできず、ただオロオロしている情けない教師でした。

今回も、ダメなものはダメとはっきり言えなかったら、ズルズルと悪い方向へ進んで自分が我慢しなければならなくなります。

ちょっと落ち着いてから、良識ある人に相談してみようと思います。

こんなこと書くつもりじゃなかったのに、読んでくださった方にも不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。

でも、嫌なことは嫌だってちゃんと主張することにします。

早速、日経新聞の金沢専売所へ電話して問い合わせてみました。

折込チラシに関しては、よっぽど政治的なものや風俗的なもの以外は規制できないことになっているのだそうです。

電話で対応してくれた方に愚痴をこぼして、ちょっとだけ落ち着きました。

早寝早起き

24時就寝、7時起床

運動

健太の散歩2回

読書

阿部絢子さんの『始末のいい暮らし方』を読みました。

ヨーロッパの食生活がとっても質素なのに驚きました。

ときめくお掃除

お掃除、サボりました。

健太

さいごに

コップの水が半分になった時、半分しかないって思うか、まだ半分あるって思うかで、これからが全然違ってくるよ〜って書こうと思っていたのに、チラシのせいで、ぶっ飛んでしまいました。

こんなふうに、ずっと穏やかに暮らしていても、一つの刺激でパーンと気持ちがひっくり返ってしまうことがあるのを自覚して、怖いものだと思っています。

落ち着け、落ち着け!

こんな日記を最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

今日の夜は、もっと優しい気持ちになって書きますね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!